お金 借金

どうしても10万円が必要になった!できるだけ簡単に借りる方法を解説

投稿日:

 

「どうしても10万円が必要になったんだけど、どこで借りれば良いんだろう...?」

 

この記事ではこういった疑問にお答えしていきます。

 

急な病気や冠婚葬祭などの出費では、どうしてもまとまったお金が必要になってきます。特に10万円というそこそこの金額を借りるのは身内や知り合いにも頼みづらいですよね。

 

もちろん短期でアルバイトなどをすればお金は入りますが現金手渡しの仕事はそこまで多くないし、あったとしても肉体的労働でかなりきついことが多いです。

 

そこでできるだけ簡単に10万円を手に入れる方法をまとめました。「貯金や財布の中身を含めてもあと10万足りない」...という人は参考にしてください。

 

 

どうしても10万円が必要なときに借りる方法まとめ

 

どうしても必要なときにできるだけ即効性があって、10万円というそれなりのお金を借りる(手に入れる)方法は以下になります。

 

  • カードローン
  • クレジットカードのキャッシング
  • 生命保険の契約者貸付制度
  • メルカリや質屋でいらないものを売る

 

それぞれ解説していきます。

 

カードローン(アコムなど)で10万円を借りる

 

アコムのクレジット機能付きカードローン「ACマスターカード」

 

【公式サイト】カードローン・キャッシングならアコム

 

条件 年齢20歳以上69歳以下で安定した収入がある人
限度額 1 〜 800万円
金利(年利) 3.0%〜18.0%
返済額 3000円〜 
※ 1000円単位
(35日ごとの返済の場合。詳細はコチラの返済早見表も参照)
返済方式 定率リボルビング方式
審査時間 最短30分
借り入れ日 契約当日から可能
借り入れ方法 店頭窓口 / アコムATM / 提携ATM / 口座振込
返済方法 同上の手段にて返済可能
審査対応時間 午前9時 〜 午後21時 (午後21時以降の申し込みは、翌日に持ち越し)
必要書類 運転免許証 (交付がなければ健康保険証、個人番号カードなど)
※顔写真がない書類の場合は別途書類が必要
※借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要

 

多くの人が真っ先に思いつくのがカードローンでお金を借りることではないでしょうか。銀行でも利用できますがアコムやプロミスなどの消費者金融のサービスが有名ですね。

 

保証人も担保もなしでお金を借りれるのはなかなか便利。

 

申し込みには必ず審査がありますが、なんと言っても即日で融資をしてもらえるのが大きなメリット。身内や知人からお金を借りづらい人にとってはかなり助かる存在だと思います。

 

各カードローンの申し込み時間によっては即日融資が難しいこともあるので、「今日どうしても借りたい!」...という人はできるだけ早めに申し込みをするようにしましょう。

「公式サイトで申し込み → 契約機でカード受け取り」という流れが1番スピーディーに借り入れできるのでおすすめです。

 

カードローンで10万円というのはかなり少額の融資になるので、割と審査に通りやすい傾向にはあります。参考までに私はブラックリスト(過去に長期の滞納がある状態)でアコムのカードローンに申し込んだとき、なんと50万円の限度額を設定することができました。

 

 

もちろん限度額をいくらにするかは金融業者によって違ってくるので、確実にお金を借りたい人は「自分がどのくら必要なのか」を把握した上で融資の希望額を設定するようにしましょう。

 

キリン
返済もATMだけじゃなくてネットからでもできるから便利だよ!

 

カードローンの金利はだいたい18%前後

 

ほとんどのカードローンの金利は18%前後で設定されてます。

 

利息とは、お金を借りるときに借り手(借主、カードローン利用者)から貸し手(貸主、消費者金融や銀行)に支払う、お金のレンタル料のようなもの。

そしてこの利息が、元金に対してどれくらいの割合でかかってくるのかを示すのが金利です。

引用元:カードローンの金利・利息の仕組みと、返済総額を減らす裏ワザ!

 

例えば10万円をアコムから借りて10回(10ヶ月)に分けて返済していく場合、毎月の返済額は「10,843円」になります。つまり金利のみで10回の合計で「8,430円」かかる計算です。

 

もちろんいくら借りるのか、何回に分けて返していくのかによって金利は違ってくるので借りたい金融業者のご返済シミュレーションで自分だとどのくらい金利がかかるのはチェックしておくことをおすすめします。

 

 

金利は借入額と借入期間によっても変わるので、たくさん借りるほど、そして長い時間をかけて返していくほど高くなります。

 

一気に返せば金利もそんなに払わなくて済みますが、自分の生活が苦しくなったら元も子もないので無理のない返済計画を立てることが大切です。

 

ブラックでも大手消費者金融はそこまで難しくない

 

限度額5万円で可決したプロミスのカードローン

 

過去にクレジットカードなどの滞納をしてブラックリストになっている人でも限度額5〜10万円ほどなら大手の消費者金融からお金を借りられるチャンスがあります。

 

実際に私はアコム以外にもブラックのときに以下の事業者の審査に通りました。ちなみに限度額は申し込みで希望した金額と同じです。

 

  • アイフル:限度額10万で可決
  • レイク:限度額10万で可決(レイクALSAになる前)
  • プロミス:限度額5万で可決

 

何度も言うように誰でも必ず審査に通るわけではありませんが、過去に滞納しているお金を返しているならブラックリストの人でもチャンスはありそうです。

 

ただしレイクはレイクALSAに変わってからカードローンの成約率がやや厳しくなっています。借りる可能性を高めるならアイフルかプロミスに申し込むことをおすすめします。

 

キリン
もちろんブラックじゃない普通の人にもおすすめだよ!

 

クレジットカードのキャッシングで10万円を借りる

 

 

すでに楽天カードなどのクレジットカードを持っている人は新しくカードローンに申し込まなくても、キャッシング枠を使ってATMなどでお金を借りることができます。

 

多くのクレジットカードには、買物に使える「ショッピング利用枠」と、ATMなどから現金を借りられる「キャッシング利用枠」が設けられています。

このクレジットカードに付帯する現金を借りられる機能のことをキャッシングといいます。キャッシングはクレジットカードをお申し込むときに上限となる額を希望すると、審査によって利用枠が決められます。

クレジットカードのお申し込みをした後にも審査を受けることは可能です。

引用元:キャッシングとは?クレジットカードでキャッシングする際の利用方法と注意点

 

クレジットカードでのキャッシングの方法はカードローンとほぼ同じ。コンビニや駅構内にあるATMなどでカードを挿入してお金を借りることができます。

 

金利もカードローンと同じく18%前後です。自分の持っているクレジットカードにキャッシング枠が付いているかは会員サイトやコールセンターで確認できますし、上での引用の通りカードを作った後からでも申請をすることができます。

 

クレジットカードを申し込むとき:キャッシング枠の設定も一緒にできる

クレジットカードを作った後:サイトや電話でキャッシング枠の申請ができる

 

もしキャッシング枠を後から申請するときは、カードローンと同じく審査が必要です。ただし1度クレジットカードの審査に通っているので滞納があったり、希望枠が高すぎるなどの理由がなければ否決されることはそこまでありません。

 

これもカードローンと同じく、希望するキャッシング枠が少額であるほど審査は通りやすい傾向にあります。

 

キリン
ただ追加でキャッシングを申し込むときはだいたい1週間ぐらいは審査するから、すぐにお金を借りるならカードローンの方が便利かもね

 

キャッシング枠を使いすぎるとショッピング枠を圧迫するので注意

 

クレジットカードのキャッシング枠は大変便利なサービスですが、あまり使いすぎるとショッピング枠を圧迫してカードで買物ができなくなるので注意が必要です。

 

ショッピング利用額とキャッシング利用枠は別に設けられていますが、実はキャッシング枠はショッピング枠に含まれています。

例えば、仮にショッピング枠60万円、キャッシング枠20万円のクレジットカードがあるとします。このクレジットカードで5万円のキャッシングをすると、ショッピング枠は55万円になります

引用元:キャッシングとは?クレジットカードでキャッシングする際の利用方法と注意点

 

普段からよくクレジットカードで買い物をする...という人はキャッシングをしすぎるとショッピング枠が減りすぎるリスクもあるので使いすぎには十分注意してください。

 

生命保険の契約者貸付制度でお金を借りる

 

 

カードローンやクレジットカードのキャッシングに比べるとあまり知られてはいませんが、解約払戻金のある生命保険では「契約者貸付制度」でお金を借りることができます。

 

契約者貸付制度が利用できるのは、終身保険や養老保険などの「解約返戻金」がある保険に限られています。解約返戻金とは、保険を解約したときに支払われるお金のことで、保険会社によっては「解約払戻金」と呼ばれることもあります。

契約者貸付制度は、この解約返戻金を元手に借り入れする制度です。

引用元:生命保険でお金を借りられる!?契約者貸付制度の仕組みと注意点

 

借りられる金額は解約払戻金の7〜80%が一般的です。

 

契約者貸付制度の最大のメリットは、加入している生命保険を解約せずにお金を借りられるということ。

 

生命保険は解約すると払戻金がもらえる代わりに保険の効力はなくなってしまうので、「10万円が必要だけど加入している保険はそのままにしたい」...という人にとってはまさにいいとこどりのサービスと言えます。

 

キリン
申し込みは保険会社の窓口とかコールセンターでできるよ!

 

本人確認ができれば審査なしで借りられる

 

契約者貸付制度はお金を借りるときの審査がないのも隠れた利点。本人確認さえできればカードローンやキャッシングと違って過去の返済の履歴などの信用情報をチェックされることもありません。

 

契約者貸付制度は、自分自身がこれまで積み上げてきたお金を元に借り入れを行うので、利用の際の審査が必要ありません。

引用元:契約者貸付制度とは? そのしくみとメリット・デメリットを解説

 

あとから説明するように契約者貸付制度は借りているお金が解約払戻金をオーバーすると加入している保険がストップする可能性があります。

 

保険会社としてはもし滞納されても加入者の積み立て金で補填できるので、延滞で損をしてしまうリスクがありません。

 

  • カードローン:借りるときに審査がある
  • クレジットカードのキャッシング:同上
  • 契約者貸付制度:本人確認ができれば審査なしで借りられる

 

クレジットカードやカードローンになかなか通らない人にとっては、審査なしで借りられるのはなかなかありがたいですよね。

 

借り入れが多くなると保険が失効する可能性もある

 

契約者保険貸付制度はカードローンに比べて金利が低い(6%前後)のもメリットですが、上でも書いたように解約払戻金よりも多く借りてしまうと加入している保険が停止してしまうリスクがあるので注意が必要です。

 

元利金(借りているお金と利子を足したもの)が解約返戻金を超えた場合、たとえ保険料を支払っていたとしても保険契約が失効、または解除される可能性があるので注意してください。

引用元:生命保険でお金を借りられる!?契約者貸付制度の仕組みと注意点

 

まあ普通に返済していけば元利金がオーバーすることはそうそうないでしょうが、あまりにもお金を返すペースが遅いとどんどん利子が膨れ上がっていく可能性があります。

 

もともと生命保険を解約せずにお金を借りる制度なので、こうなってしまうとそれこそ本末転倒です。やはりカードローンやキャッシングと同じく計画性を持って利用するようにしましょう。

 

 

メルカリや質屋でいらないものを売ってお金を作る

 

 

即効性は上の3つの方法とくらべて高くありませんが、自宅にあるいらないものをメルカリや質屋で売ってお金を用意するのも有効な方法です。

 

いらない漫画、宝石類、家具、洋服、電化製品、趣味グッズなどはまとめて販売すればそこそこのお金になります。

 

仮に10万円に届かなかったとしても、足りない分をカードローンなどで補填すれば最初から10万円を丸々借りるよりも支払う金利を節約できます。

 

何度も言うように借りたい金額が少ないほどカードローンやキャッシングの審査には通りやすくなるので、まずは自分でできるかぎりお金を用意しておくと最終的な負担は軽くなるでしょう。

 

おわりに

 

以上、どうしても10万円が必要なときにお金を借りる方法...という記事でした。

 

まずできるかぎりメルカリなどで元手を集めてから、即効性の高いカードローン、すでにクレジットカードを保有している人はキャッシング、生命保険に加入している人は貸付制度...というようにそれぞれの状況に応じて計画的に借りてみてくださいね。

 

 

 

-お金, 借金

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.