クレジットカード 買い物 郵便

郵便局での支払いは現金だけ?クレジットカードや電子マネーはハガキ、切手、レターパックなどの購入に使えるか解説!

投稿日:

f:id:oshaberiitboy:20181228005607j:plain

 

「郵便局ってクレジットカード使えるかな?切手買いたいんだけど...」

 

...今回は郵便局の支払いにクレジットカードや電子マネーが使えるのか?について書いていきます。

 

郵便局ではハガキ、切手、年賀状、レターパックなどが購入できますが、これらの支払いにクレジットカードでポイントを貯められたら嬉しいですよね。

 

「郵便局をよく使うよ」...という人は参考にしてください。

 

 

 

郵便局では支払いにクレジットカード、電子マネーは使えない

 

f:id:oshaberiitboy:20190113133535p:plain

 

まず結論から言うと、郵便局でハガキや切手などを買うときにクレジットカード、電子マネーは利用できません。現金のみで支払いができます。

 

クレジットカードでポイントを貯めたい..という人にとって、郵便局はなかなかきびしい存在ですね。

 

   利用可否
現金
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード(国際ブランドあり)
各種電子マネー
QRコード決済
ポイントサービス なし

 

現状ではコード決済も利用不可

 

また郵便局ではPayPayやLINE Payをはじめとしたコード決済も使うことができません。やはり現金のみで支払うしかありませんね。

 

しかし今後、郵便局が独自のコード決済サービスを導入してくれれば、局内の支払いに使える可能性は大いにあります。いまはコンビニ業界などもコード決済に参入しているので、郵便局もサービスを生み出してほしいところです。

 

コンビニで切手などを買うときも原則クレジットカードは利用できない

 

「あれ?コンビニにも切手を売ってるからクレジットカード使えるんじゃないの?」...という方もいるでしょうが、コンビニでも切手、ハガキ、レターパックなどを買うときは原則では現金のみです。

 

...ただし例外としてファミリーマートなら「ファミマTカード」限定でクレジット払いで切手などを買えます。

 

コンビニでは基本どの商品もクレジットカードで買えるので、「郵便局もそこまで徹底しなくても...」と思ってしまいますね。

 

  • コンビニで売っている商品:基本はクレジットカードで買える
  • コンビニで売っている郵便局の商品:基本は現金のみ

 

どうやら郵便局は、かたくなにクレジットカードの支払いを拒否しているようです。とはいえ上で書いたようにファミリーマートなら限定でクレジット払いもできますし、電子マネーでも、セブンイレブンでのnanaco払いのように、コンビニによっては使えるところがあります。

 

   郵便局の商品の支払手段
セブンイレブン 現金 / nanaco
ローソン 現金のみ
※ ゆうパックの支払いのみクレジットカード可
ファミリーマート 現金 / ファミマTカード(クレジット)
ミニストップ 現金 / WAON / イオン商品券
デイリーヤマザキ 現金のみ
セイコーマート 現金のみ

 

ゆうパックをコンビニ持ち込むとき、ローソンならクレジットカードで決済できます。郵便局では現金か切手での支払いのみなので、この差は大きいですね。

 

郵便局のネットショップならクレジットカード払いができる 

 

郵便局の店舗では現金以外の支払いはできませんが、郵便局が運営するネットショップならクレジットカードが使えます。

 

 

郵便局のネットショップで切手などを買う場合、使えるクレジットブランドはVISA、Mastercardのみ。発行枚数の多いJCBは使えません。

 

郵便局の扱っているハガキ、切手、レターパックはもちろん、カタログギフト、食品、医薬品、衛生用品、インテリア雑貨などかなり幅広い商品を販売しています。さすがにAmazonと比べると商品数は少ないですが、わざわざ出かけなくても自宅で切手などが買えるのは大きなメリットですね。

 

しかし総額5000円以下の買い物だと送料がかかってしまいます。金額によってはクレジット払いで付与されるポイントより送料が高くつくこともあるので気をつけましょう。

 

お祝いの席で大量に買うときとかで使うと便利かもね!

 

カード払い対応にするには手数料とコストがかかる

 

それにしても、キャッシュレスが国を挙げて進められているのにどうして郵便局では現金のみの扱いなのでしょうか?

 

郵便局で現金のみ使える理由ですが、クレジットカードや電子マネー払いをすると加盟店手数料(3%〜5%)がかかるからだと考えられます。

 

  • 加盟店手数料:カード払いのときに加盟店がカード会社に支払うお金

 

数%の手数料でも企業にとってはかなりの負担になってしまうのでしょう。

 

f:id:oshaberiitboy:20181102003047j:plain

 

またクレジットカードや電子マネーに対応しようとなると、当然すべての店舗のレジを新しいもの入れ替えなければなりません。郵便局は全国各地に支店があるので、すべて取り替えるともちろんそのコストも膨大です。

 

わざわざ費用をかけてレジをカード対応にしても、それに比例して売上が伸びるのかというと...かなり微妙ですね。

 

それに郵便局はもともと公営事業でした。もちろんクレジットカード支払いにその頃も対応しているわけがなく...その流れも続いているのかも知れませんね。

 

おわりに :郵便局のキャッシュレス化はまだまだ先

 

f:id:oshaberiitboy:20190113134009j:plain
 

以上、郵便局では現金払いしかできないよ...という記事でした。

 

郵便局はとにかく全国にたくさんの支店があるので、すべての店舗でカードが使えるのようになるのはなかなか難しいでしょう。

 

ハガキやレターパックをよく買う!...という人は上でも書いた特定のコンビニで購入したり、ネットショップでまとめ買いするなどでポイントを貯めていってください。

 

本日は以上です!

 

 

 

 

-クレジットカード, 買い物, 郵便

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.