ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

仕事の愚痴を言うなら、SNSよりリアルの世界の方が良い。匿名性が全然違うよ!

f:id:oshaberiitboy:20171004040410p:plain

 

  

ずっと前から思ってたことがあるんで、ハッキリ言います。

 

 

みんなSNSで仕事の悪口書きすぎ。

 

 

試しにツイッターで、「仕事」と検索した結果がコチラ。

 

f:id:oshaberiitboy:20171004035635j:plain

 

うーん、予測がネガティブだ(^_^;)

 

どんなつぶやきが書かれてるか、何となく想像できちゃいます。

 

そんなに嫌なら、職場にしがみつかないで辞めちゃえば良いのにな・・・。

 

「でもツイッターって匿名なんだから、別に悪口書いてもバレないでしょ!」

 

・・・と思ってる、そこのアナタ。

 

ネットの方が匿名性が高いって言われてますけど、大嘘ですからね。

 

仕事の愚痴をや人の悪口を言うなら、絶対リアルの世界をオススメします。

 

理由は単純で、記録に残らないからです。

 

 

 

 

 

ネットの悪口は全て記録に残っちゃう

 

 

先日ちきりんさんのツイッター経由で、こんな記事を見つけたんです。

 

fujimoto.hatenadiary.jp

 

タイトルだけで「( ゚д゚)ハッ!」っとしたんですが、記事の一部を抜粋します。

 

ネットでの発言は、すべて記録されます。

リアルの世界だけ良い態度をとっていても、ネットで毒を吐きまくっていたら、それはいずれ、すべて白日のもとにさらされます。(中略)

どうせすべて発言が残ってしまうなら、自分が好きな人や尊敬を持っている人に対しての、好意的な発言ばかりで、僕の記録を埋め尽くしたいです。

 

もうね、本当にそう。

 

書き手の藤本さんも警告しているのですが、ツイッターやフェイスブックの発言は全て記録に残るんです。

 

もちろん、書き手はツイートを自由に削除はできるんですよ。

 

でも、その前に誰かがコピーやスクリーンショットをしていたら・・・。

 

もうその情報は、ほぼ永久に消えません。

 

ある意味、言葉の人質を取られている様なものですよ。

 

おー怖い。

 

その道のプロにかかれば、アカウントの特定も楽勝だそうで。

 

www.fuhyo-bengoshicafe.com

 

 

居酒屋で愚痴をこぼすのは、実は理にかなってる

 

f:id:oshaberiitboy:20171004041041j:plain

 

匿名性なら、ネットよりもリアル世界の方がよっぽど高いですよ。

 

だって単純に、証拠が残らないですもん。

 

もちろん噂の拡散を防ぐため、「愚痴を聞いてもらう相手」は選ばなきゃいけませんが。

 

そこさえ気をつければ、全く問題ありません!

 

それにネットで愚痴をこぼしても、スッキリしないんじゃないですか?

 

居酒屋で知り合いや同期に愚痴をこぼして、共感してもらったほうがよっぽど心がスッキリします。

 

そう考えれば、サラリーマンが仕事帰りに赤提灯で上司の悪口を言うのは、理にかなってるのかもしれませんね!

 

もちろん愚痴なんて言わない環境にいるのが、1番良いんです。

 

まあ、そうもいかない時もありますもんね!

 

そう言う時は愚痴を言うか、思い切って旅に出るのが一番です!

 

ではでは!