ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

初心者OK!クロスバイクのチェーンの洗浄メンテナンスとオススメ道具!

f:id:oshaberiitboy:20171109044329j:plain

 

「クロスバイクのチェーンを洗いたいけど、どうすればいいんだろう...?」

 

...今回は、クロスバイクのチェーン洗浄メンテナンスの方法とおすすめの道具を紹介します。

 

私はジャイアント社の『エスケープR3(以下R3)』を持っていますが、だいたい半年に1回ぐらいチェーンを洗っています。

 

「150〜200キロ乗るごとにチェーンを洗うように」とサイクルショップのスタッフさんからアドバイスされた人も多いのではないでしょうか?私の場合はだいたい半年ぐらいで150キロ乗ります。

 

そこで今回は近くの公園でR3のチェーンを洗浄してみました!

 

「自宅に庭がない!」

「室内だとスプレーの匂いがきつい!」

「チェーンを洗うとき、何が必要なの?」

 

こういった悩みを持つ人は参考にしてください。 

 

 

 

 チェーン洗浄の手順:チェーンの汚れ落とし → グリースを塗る

 

チェーン洗浄をしたことない人もいると思いますが、メンテナンスはそこまで難しくありません。

 

ちなみに私のメンテナンス手順ですがざっくり言うとたった2ステップ。

 

  1. 洗浄スプレーとブラシでチェーンの汚れを落とす
  2. チェーンにグリースを塗る。

 

「え?そんなにカンタンに洗えるの?」と思うかも知れませんが、慣れてしまえば洗浄に時間はかかりません。

 

このもちろん記事でも詳しい手順はお伝えしますが、こちらの3つのサイトもかなり参考になるのでご参照ください。

 

bicycle-post.jp

 

www.conilabo.com

 

www.cb-asahi.co.jp

 

もちろん細かい部分は人それぞれですが、大まかな進め方はみなさん同じです。

 

クロスバイクのチェーン洗浄に必要なアイテム

 

屋外でチェーンの洗浄するときはいろいろと用意する物があります。

 

1つずつ見ていきましょう。

 

新聞 or ブルーシート or ダンボール

 

 

洗浄液が地面に漏れないように自転車の下に敷いて使います。

 

手軽に入手できるのは「新聞」ですが、「ブルーシート」は繰り返し使えるので便利です。「ダンボール」は両者の中間ぐらい。どれを使うかはお好みで。

 

  • 新聞:手に入りやすい
  • ブルーシート:洗えば繰り返し使える
  • ダンボール:新聞とブルーシートの中間

 

当然ですが敷いたものは必ず自分で片付けましょう。汚いから...といってそのまま放置しては絶対にダメです。

 

 チェーン洗浄クリーナー

 

 

チェーンに吹きかけ大まかな汚れを落とすのに使います。

 

私は大容量のスプレーを使ってますが、洗浄力が強めでかなり綺麗に汚れが落ちるのでオススメです。

 

チェーン洗浄の油汚れのほとんどは、クリーナーを使うときにチェーンやギアの隙間からボタボタ滴れてきます。

 

上で書いたような新聞などをしっかりと敷いておきましょう。

 

チェーンオイル

 

 

メンテナンスの主役。チェーンの汚れを落とした後に潤滑油としてサッと吹き付けます。

 

これを吹くのと吹かないとではペダルのスムーズさが段違いです。というか吹きかけないとチェーンの疲労が高くなるので忘れないように。

 

ナイロン製のブラシ

 

 

チェーンやギアに詰まったホコリや砂を落とすのに利用します。

 

 

「歯ブラシじゃダメなの?」...と言われそうですが、歯ブラシだと毛先が柔らかいため満足に汚れが落ちません。100円ショップなどで「掃除用のナイロンブラシ」を買うといいでしょう。

 

  • 歯ブラシ:毛先がやわらかいので汚れが落ちない
  • ナイロンブラシ:毛先が硬いのでしっかり汚れが落ちる

 

上はアマゾンで評価の良かった一品。

 

使った人が絶賛しているブログがあったので載せておきます。

 

tyari.hatenablog.com

 

軍手 or ゴム手袋

 

 

 

メンテナンスを素手で行うのはご法度です。作業は軍手かゴム手袋を着用してください。

 

洗浄中は油汚れがかなり飛び散るので、素手だと手が黒くベトベトになるので注意が必要。かなりしつこい汚れになるので肌に付くとなかなか取れません。

 

ハンドソープで洗っても、2〜3日は落ちないよ。

 

どちらにするかはお好みですが軍手の方がいいかも。ゴム手袋は確実に汚れを防ぎますが、ツルツルで道具が持ちにくいです。

 

軍手でも手は多少は汚れますがしっかりと洗えば落ちる程度なので問題無いです。

 

いらない雑巾(布)

 

 

汚れた洗浄液を拭くのに使ったり、チェーンオイルを吹きすぎた時に使います。ウエスもおすすめ。

 

きめの細かい布があればさらにOKです。

 

新聞を敷く場合、あまりにも汚れが浸透すると破れることがあるので雑巾でこまめに拭き取るといいですね。

 

チェーン洗浄器(任意)

 

 

あれば便利な一品。チェーンについた砂汚れを根こそぎ取り去るのに便利です。

 

ゴリゴリ汚れが取れるよ

 

よりチェーンをピカピカにしたい人向けになります。

 

ではここからは「メンテナンスの流れ」を見ていきましょう。

 

屋外でのチェーン洗浄の前は必ず地面を養生をする

 

f:id:oshaberiitboy:20171109033207j:plain

 

屋外のメンテナンスで一番大切なのは、地面を新聞やブルーシートでちゃんと養生(保護する)すること。

 

新聞は洗浄液が滴りやすい箇所(ギアの真下など)は、何枚も重ねて置くようにします。それでも不安なら雑巾も於けばより汚れが地面に付きにくくなります。

 

公共の場はキレイに使おう!

 

洗浄クリーナーとブラシでチェーンの汚れを落とす

 

f:id:oshaberiitboy:20171109033640j:plain

 

地面を養生した後は、まず洗浄クリーナーを用意します。

 

f:id:oshaberiitboy:20171109033845j:plain

 

軍手やゴム手袋も忘れないように。無いととくに指先に汚れが付いてしまいます。

 

f:id:oshaberiitboy:20171109033945j:plain

 

クリーナーとブラシを使って、チェーンやギアの油汚れを落としていきます。

 

  1. チェーン(ギア)に洗浄クリーナーを吹く
  2. 吹いた箇所をブラシでこすっていく
  3. もう一度洗浄クリーナーを吹く

 

この時点でかなり汚れが落ちてピカピカになっているはずです。ポイントは少しずつチェーンにクリーナーを吹きかけていくこと。

 

この瞬間はめちゃめちゃ気持ちいいよ!

 

チェーンオイルを吹き付ける

 

f:id:oshaberiitboy:20171109043123j:plain

 

いよいよ大詰め。チェーンの滑りをよくするためにチェーンオイルを吹きかけていきます。

 

f:id:oshaberiitboy:20171109034720j:plain

 

コツはチェーンから10センチほど離して吹くこと。サッと吹きかければ十分です。

 

逆に吹きすぎるとオイルが付きすぎてチェーンの踏み込みが重くなります。「ちょっと吹きすぎたかな?」と思ったら、そこを雑巾で拭ってください。

  

f:id:oshaberiitboy:20171109035011j:plain

 

最後に、後輪についたチェーンオイルを拭き取っていきます。

  

f:id:oshaberiitboy:20171109033141j:plain

 

これで終了!

 

だいたい作業時間は20分ぐらいです。

 

慣れればもっと早く終わるよ。

 

最後に、汚れた新聞などのゴミは必ず各自で持ち帰りましょう。

 

おわりに:半年に1回ぐらいクロスバイクのメンテナンスをしよう

 

f:id:oshaberiitboy:20171109044709j:plain

 

以上、公園で自転車チェーンを洗浄する手順と道具をまとめました。

 

 

メンテナンスをサボるとどんどん自転車のギアが重くなってくるので、こまめに手入れをしてあげましょう。

 

通勤で使っている方は「2〜3ヶ月に1回」、週末に乗る程度の方は「半年に1回」のペースが良いかと。

 

今回私が紹介したのはあくまでも1例です。

 

検索や動画などでたくさんのメンテナンス例が紹介されているので、自分に合った方法を探してくださいね。

 

本日は、以上です!