ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

ブログ記事の書き出しはどうしてる?挨拶なしでさっさと本題に入ろう

f:id:oshaberiitboy:20170904205531j:plain

 

「ブログの書き出しって、いっつも悩むんだよな...とりあえず挨拶しとけばいいのかな?」

 

...今回は、ブログ記事の書き出しでは挨拶はしないほうがいいよ、ということについて書いていきます。

 

皆さんは記事の書き出しってどうされてますか?

 

特にこだわりがないければ、「どうも、○○」です!って自己紹介から入ることが多いんじゃないですか?

 

手紙のように季節に沿った書き出しに変えるブログもありますね。

 

でも、毎回記事の書き出しでの挨拶はしなくていいと私は思ってます。

 

「そんなことない!挨拶から入ったほうがいい!」という人もいるでしょうが、さっさと本題に入ったほうが読者には優しいですよね。

 

 

 

記事の書き出しで近況を書かれても読者はイライラするだけ

 

f:id:oshaberiitboy:20180101202228j:plain

 

例えば、みなさんが悩みを解決できそうな記事を見つけたとします。

 

そして記事へ飛んだとき、こんな書き出しだったことはないでしょうか?

 

良さそうな記事だな!どれどれ...

ヤッホー!皆さんどうもこんにちは!いや、お久しぶりと言ったほうがいいかな?○○です!いやあ最近ダラダラしちゃって、1ヶ月ぶりの記事の更新になりました。待っていた方々、お待たせしちゃってどうもすいません。近頃は・・・(ダラダラ自己紹介が続く)

...(「戻る」ボタン)

 

こうやって探し物中に長々と近況を書かれても、「そんなこと知らねえよ!」としか思えません。

 

  • 書き出しからサクッと本題に入る:読者はストレスがない
  • 書き出しで長々と語る:読者はストレス溜まりまくり

 

これはブログ特有なんでしょうね。例えばラジオのDJさんがオープニングトークで身の回りに起きたことを話すなら、まったくストレスは感じません。

 

ただ文章として残るブログで、自分の身の回りに起きたことをベラベラ話されても見てる方は共感できないしつまんないんですよ。悩みを解決するために見つけた記事なら尚更です。

 

記事の中身は「挨拶なしの導入文」+「本題」でいい

 

f:id:oshaberiitboy:20180921020352p:plain

 

検索であなたのブログに来る人の目的はただ1つ、「良い情報が欲しい」だけ。悲しい話ですが、書いてるひとのパーソナルな部分にはあまり興味はありません。

 

そもそもいつも挨拶で名前を名乗る人がいますけど、プロフィール欄から名前は見れますからねえ...。

 

日記みたいにブログを書いちゃダメなの?

もちろん良いよ!でも「検索からアクセスがほしいなら」挨拶や近況はいらないかな

 

「挨拶がいらないなら、どんな書き出しがいいの?」という人には、この3部構成をオススメします。

 

  1. 記事タイトル
  2. 導入文(挨拶ではない)
  3. 本文

 

こちらの方が読者にとってはよっぽど見やすくシンプルな記事になります。

 

ムダを削ぎ落としてスマートな記事にしよう 

 

上でも書きましたが、「挨拶を書かない」ことが全ブログに当てはまるとは思ってません。

 

日常の出来事を書いて共感をもらうようなブログだったら、挨拶や自己紹介を長めに書くのも全然アリです。

 

実際そういう考えの方もいらっしゃいます。

 

ただ、雑記ブログじゃなくて読者の悩みを解決するブログを目指す!...と思うなら、挨拶を省いてさっさと本題に入りましょう。おそらく検索ユーザーがメインになるので、書き出しが長いと他の記事に行ってしまいます。

 

  • 日常の出来事メインのブログ:挨拶があるほうが効果的
  • 読者の悩みを解決するブログ:挨拶はないほうが効果的

 

最後に、記事の書き方で参考になるつぶやきを載せときます。

 

 

挨拶とは直接関係はありませんが、「いらない部分を削ぎ落として、無駄のない記事にする」 というテクニックの参考になりますね。

 

おわりに

 

まあ、なんだか偉そうに語っちゃいましたが、ブログなんて自由に書いてもらっていいいんです。

 

「さっきと言ってることが違うじゃん!」と言われそうですが(笑)あくまで私の意見なので。

 

ただ「もっと多くの人に記事を読まれたい!」と思うときに、この内容を参考にしていただければなーって感じです。

 

ブログは文字に特化したメディアなんで、余計な情報があるストレスはテレビやラジオの比じゃないですからね。

 

本日は、以上です!