ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援します!

 メニュー

「友達は出世して結婚もしてるのに...」と他人と比べるのは無意味すぎる

f:id:oshaberiitboy:20180222042742j:plain

 

人間は自分が不甲斐ない状況に陥った時、ついつい落ち込んでしまいがちです。

 

そんな時、

 

「地元の同級生は、結婚して子どももいて順調な人生なのに、なんで自分は・・・」

「友達は出世して課長や主任になってるのに、自分は平社員のまま・・・」

 

と、身近な周りの人と自分を比べて、憂鬱な気持ちになる人も多いと思います。

ツイッターやネット掲示板を見かけると、夜になるとこう呟く人もいますね。

 

「嫉妬」とも「焦り」とも違う、『自己嫌悪』と呼べば良いでしょうか?

 

気持ちはものっっっっすごく分かるんですが、ハッキリ言います。

 

同級生や友達と自分の状況を比べるのは、無意味です!

 

 

 

隣の芝生はどうしても青く見える

 

f:id:oshaberiitboy:20180304013040p:plain

 

他人と比較して落ち込む気持ち、よくわかります。

特に自分がどん底に落ちてると感じるときは、より一層他人の人生が美しく見えますよね?

 

しかし、所詮は『隣の芝は青く見える』というコトワザの通り。

人間って、どうしても良い部分だけを捉えがちなんですよね。

 

「自分が同じ状況に置かれたら、どうなるか」は後回しなんです。

 

「自分に当てはまるかどうか」は分からない

 

他人の人生を羨んだとしても、「実際に自分にとっていい人生かどうか」なんて、わからないもんです。

 

例えば上の自己嫌悪の内容でも、

 

地元の同級生は、みんな結婚して子どもがいるんだよ・・・。

あなたが地元に残ってて、結婚できたかどうかなんて分からないよ!地元を離れたからこそ、素敵な人に出会えるかも!

 

と考えることができます。

 

それにもし地元に残った上で結婚できない場合、同級生との距離が近いので、より肩身の狭い思いをする可能性は高いです

 

別の会社に入った友達は順調に出世してるのに、自分は今の会社でずっと平社員・・・。

友達の能力と性格が、偶然会社にハマっただけかもよ?あなたが同じ会社に入っても、出世できた保証はないよ?

 

似たような考えで、「同い年の40〜50代の連中は今頃は部長になってるだろうに、俺はしがないフリーター・・・。」 と、落ち込んでいる人もいるでしょう。

 

ただし、その人が同じ会社に入ったからと言って、部長になるまで何年(あるいは何十年)も辞めずに勤められるかは疑問です。

 

自己嫌悪に陥ってる人はあたかも、「自分でも、同じ状況なら結果を出せてるのに・・・。」と思いがちですが、自分に当てはまるかなんて分からないんですよ。

 

だからこそ、他人の人生を比べるなんて無意味なんです。

 

終わりに 

 

自分と他人の人生を比べるのは、

 

友達も会社で頑張って出世してる!俺も頑張るぞ!

 

って、自分の気持ちを高めるときだけで十分です。

 

自己嫌悪は嫉妬に変わり、やがて自分の心とカラダを蝕んでいきます。

「自分に当てはまるかどうか分からない物」に、あれこれ精神を消耗させるのはやめましょう。

 

本日は、以上です!