ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

履歴書に修正液や修正テープを使って面接は通る?就活経験者が解説!

f:id:oshaberiitboy:20180308172912j:plain

  

「やべ、履歴書書き間違えた...イチから書き直さなきゃ...」

 

...今回は、履歴書を書き間違えたとき修正液や修正ペンを使っていいのか?について書いていきます。

 

バイトや就職活動の面接では履歴書を持っていかなければなりません。でも、書いてるときにミスしたらどうしましょう?

 

捨てずに修正したいですが、一般的に考えると、履歴書で記入ミスをして修正液や修正テープを使うのはNGマナー。

 

「修正液を使った履歴書は、企業に誠意が伝わらない」

「面倒くさくても、もう一度書き直そう!」 

 

大学の就活セミナーでそう教えられて、しぶしぶ納得した人も多いのではありませんか?

 

...とはいえ、修正した履歴書でも面接が通るならそのまま使いたいですよね。

 

そこで就活やバイトで履歴書を多く書いてきた私が、履歴書をミスで修正ペンを使っていいのか解説します!

 

 

 

履歴書の修正したところが目立たないなら面接は通る!

 

結論から言うと、記入ミスした履歴書を修正しても面接には通ります!

 

私も修正液や修正テープを使った履歴書で、何度も面接を通ってきました。

 

ただし、修正液を使いすぎてギトギトになった履歴書はダメ。「あれ、この履歴書めちゃめちゃ修正してる...」と面接官に思われたら、それだけでもうマイナスです。

 

  • ちょっとだけ修正した履歴書:面接官は気づきにくい
  • かなり修正した履歴書:面接官は気づく(=イメージが悪くなる) 

 

修正液を使っても通る履歴書のポイントをまとめました。

 

POINT!!
  • 修正が多くても2〜3箇所ぐらい
  • 修正した跡が汚れておらず、綺麗なこと
  • 「誤字」「脱字」の小規模なミスのみで長文を修正してないこと

 

つまり繰り返しになりますが、「修正箇所がパッと見て目立たなければOK」ということ。

   

もちろん私も、修正した履歴書でも落とされたこともあります。ただしそれは、「修正液を使った、使ってない」ではなく、単純に学歴や志望動機が相手に響かなかったからでしょう。

 

逆に考えると、志望動機や学歴が希望にピッタリであれば、ちょっと履歴書が修正されてても相手は気にならないということ。

 

「修正した履歴書では『誠意』が相手に伝わらない」なんて就活セミナーなどで聞きますが、聞き流しても大丈夫です。

 

修正テープや修正液を使ってもそこまで真剣に見られてない

 

f:id:oshaberiitboy:20180308173111j:plain

 

「修正テープを使った履歴書を面接に持っていくのはちょっとなあ」...という人もいるかもしれません。

 

ただ、これはあくまで推測ですが、採用担当者はそこまで履歴書の修正した部分をチェックしてません。

 

もちろん色々なケースがあり、すべてのケースにあてはまるわけではないことは承知の上です。

 

え?推測の根拠ですか?もちろんあります!

 

企業の採用担当者が履歴書でチェックするのは、大きく分けてこの3つ。

 

  1. 学歴
  2. 職務経歴
  3. 志望動機

 

上でも触れましたが、この3つが採用担当者の興味を引けば、修正液や修正テープをちょっと使っていても気にならないでしょう。

  

そもそも採用担当者も、履歴書を見るだけが仕事ではありません。

 

就活シーズンの大企業のように、何万枚もの履歴書を担当者が急いで絞らなきゃいけないこともあります。手早く片付けないと採用スケジュールに間に合わないので、そもそも修正されてることすら気づかないかもしれません。

 

履歴書はとても重要な書類です。でも、そこまで細かく見られてないと考えれば、ちょっとは心がラクになりませんか?

 

「されど履歴書、たかが履歴書」の気持ちで行きましょう(笑)

 

心配なら本命企業の履歴書だけ修正せずにちゃんと書く

 

そうは言っても、修正してたら落とされるか不安だな...。

 

その場合は自分の就活の「本命」の企業だけ、履歴書をミスなく書くことをオススメします。

 

ミスなしの履歴書で審査に通過したらラッキー。もし落とされても「修正した履歴書を送ってなければ、受かったかもしれない...。」と後悔もありません。

 

もし本命企業の履歴書を記入ミスしたら、それを修正して「滑り止め」企業に使えば、ムダにならないです。 

 

  • 本命の企業:ミスなく書いた履歴書を使う
  • 滑り止め企業:本命企業に使う予定だった(ミスした)履歴書を使う

 

もちろん滑り止め企業でも、ミスのない履歴書を使えるのがベスト。

 

ただ、就活生は多いと100社以上の面接を受けなきゃいけません。ミスした履歴書を修正して使えばかなり時間の節約になるでしょう。

 

おわりに

 

以上、履歴書は修正しても大丈夫だけど、本命企業はミスなく書こう...という記事でした。

 

なるべく修正せず履歴書を提出したほうが企業からの印象もいいし、自分の自信にもなります。

 

ただ人間って、どうしてもミスを起こしちゃいます。またゼロから履歴書を書きなおすのって本当に面倒ですよね。

 

そんな時のテクニックの1つとして、参考にして頂ければ幸いです。

 

本日は、以上です!