ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

Macで「かっこ」と入力してもカギ括弧の片方しか出ない件が解決!

f:id:oshaberiitboy:20181004055801j:plain

 

「Macでカギ括弧の片方しか出てこないんだけど、どうしよう...」

 

...今回は、Macで「かっこ」と入力してもカギ括弧の片方しか出ない件について書いていきます。

 

私はMacを使ってブログを書いてますが、 ウィンドウズから乗り換えたばかりのときは「なんでこんなに使いづらいの?」と思うことがたびたびありました。

 

 その最たるものが「カッコ」と打っても予測変換には、『 や 【 など、カギ括弧の片方だけが真っ先に出てくるというもの。

 

これって、どう考えても使いづらいですよね?

 

カギ括弧は文中で伝えたいことや登場人物のセリフが入るときの最初と最後に挟みます。そりゃ片方だけ使いたいときもあるけど、基本は『2つで1つ』なんだから、一緒に変換できなきゃ困る!

 

というわけで、この面倒な設定をどうにか解決できないか考えてみました。

 

 

 

 ユーザー辞書にカギ括弧を登録する

 

1番手っ取り早いのは、やはり「ユーザー辞書」を使うことですね。

 

みなさんのよく使うカギ括弧のパターンを、Macのユーザー辞書に登録しておきましょう。

 

登録すれば「かっこ」でなくとも、「か」や 「あ」と短縮した文字を打つだけで「」や【】など、両方のかぎ括弧が出てくるようになります。

 

こちらのサイトも参考になるので、ご覧ください。

 

pc-karuma.net

 

入力変換アイコンからユーザー辞書を編集する

 

具体的な追加手順はコチラ。

 

入力変換アイコン > ユーザ辞書を編集 > 任意のワードを入力

 

f:id:oshaberiitboy:20181005022452p:plain

 

まず、画面の右上にある「あ」や「A」と書かれた入力変換アイコンをクリックします。そして赤枠の「ユーザ辞書を編集」を同じくクリック。

 

f:id:oshaberiitboy:20181005023006p:plain

 

するとユーザー辞書に切り替わるので左下の「+」ボタンで追加したいワードを入力します。次に入力と変換に、それぞれ任意のワード、記号を入れてください。

 

  • 「入力」欄:入力するワード
  • 「変換」欄:変換させたいワード、記号

 

それぞれの欄に入力して、実際にキーボードを打つと...。

 

f:id:oshaberiitboy:20181005023242p:plain

 

このように、カギ括弧が両方で変換されるようになりました!

 

ユーザー辞書はこれ以外にも、自分のよく使うワードを登録しておくとパッと出せるので便利です。

 

キーボード入力でもカギ括弧は出てくる

 

もう1つカンタンにカギ括弧を出す方法が、キーボード入力をするというもの。スタンダードなカギ括弧「」だけでなく、なんと【】もキーボード入力で変換できます。

 

以下、Yahoo!知恵袋からの引用です。

 

全角入力("あ"の入力モード)でオプションキーと8のキーで【 は出てきますよ。

 

それから8のキーはテンキーの方じゃないキーをお使いください。

 

又、】はオプションキーと9のキーです。

 

引用元:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q106834315

 

こちらも変換機能を使わないので、すぐに打てて便利。

 

ただし『』の二重カギ括弧は、Macのキーボード入力に対応していません。その場合は、上に書いたユーザー辞書に登録しておきましょう。

 

...実はMacのデフォルト入力ではなく、「グーグル日本語入力」なら「 (全角)Zキー + 「or」 」で二重かぎ括弧を表現できます。

 

でもそのかわり、【】をキーボードで出すことはグーグル日本語入力ではできません。ややこしい...。

 

  • Mac日本語入力:【】はできるが『』はできない
  • グーグル日本語入力:『』はできるが【】はできない

 

どちらも「入力変換アイコン」からすぐに切り替えられるので、しっくり来る方を使ってくださいね。

 

私は今は「グーグル日本語入力」を使ってるよ!

 

おわりに

 

以上、Macで「カッコ」と入力すると、カギ括弧の片方しか出てこない問題を解決する!...という記事でした。

 

セリフを多用する場合は、事前にユーザー辞書登録をしといた方が便利かも知れません。

 

また、「吹き出し付きのセリフを使いたいけど、どうしたらいいの?という人は、下の記事も参照してください。

 

oshaberiitboy.hatenablog.com

 

本日は、以上です!