ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

ブログの過去記事をリライトしたら更新の日付も最新にしよう

f:id:oshaberiitboy:20180327132514j:plain

 

ブログの検索順位を上げるためには、新記事の投稿とともにリライトが欠かせません。

 

 

そのリライトを進めていく中で、「ハッ」とさせられたツイートがあります。

 

 

「リライトしたら、日付を直近のものに変える」

 

リライトってタイトルや内容の変更がメインになりがちですけど、投稿の日付も大切な修正箇所の1つですね。

 

元の記事が古いほど、日付は変更したほうがいいよね

 

 

読者は無意識に「記事の日付」を見ている

 

1年前の記事でも、リライトしたら日付は最新にしたほうがいいの?

 

そうです。

理由はシンプルで、「情報は鮮度が高いほうがいい」から。

 

私もそうですが読者ってネットで記事を読むとき、無意識に「日付」を見てます。

 

例えばあなたが探していた情報の日付が「数年前」だったらどうでしょうか?

 

えー、この記事の内容古すぎ!もういいや

 

『期待外れの記事』なので、ロクに読まずにページから出ていく人もいるでしょう。

 

  • 記事の日付が新しい:読者は信頼して読んでくれる
  • 記事の日付が古い:読者は別の記事に行ってしまう

 

いくら中身が最新でも、外見がホコリかぶってたらよくないよね

 

f:id:oshaberiitboy:20180522202423j:plain

 

長い目で見るとページの検索順位はちょっとずつ下がっていきます。

 

そしてページ内に広告を設置してたら、記事が読まれないとクリック数(=サイトの収益)の低下も避けられません。

 

クリック取りこぼしを防ぐためにも、日付の更新は大切だね。

 

はてなブログならリライトして日付を変えてもURLはそのまま

 

ブログの日付変更で気になるのが、

 

URLも一緒に変わって、アクセス数に影響出るんじゃないの?

 

ということ。

 

下のサイトの方は、「日付を変えたらURLも変わって、アクセスがガタ落ちした」と書かれてます。

 

highday.moo.jp

 

ただこの件に関して、はてなブログなら問題ありません。

 

管理人もリライト後に、日付を変えてもURLは変わりませんでした。

 

一応「編集オプション」の「カスタムURL」でURLの変更はできますけど、わざわざ変える意味はなし。

 

勝手にURLが変わらないので、またゼロから検索順位を上げなくていいのはありがたいですね。

 

はてなブロガーのみんな!気にせずどんどん日付を変えていいよ!

 

おわりに

 

以上、リライトしたら日付を直近にしておこう!という記事でした。

 

日付の更新は手をつけない人も多いでしょうが、「情報の鮮度を保つ」ためには欠かせません。

 

【2018/07/追記です】

 

日付を手動じゃなくて、自動で更新できるようにしたい!と考えて探したら、こんな便利なサイトを見つけました。

 

 

当サイト記事の1番上の更新日(回転する矢印のところ)は、こちらのサイトのコードを参考にしました。

 

自動更新システムにすれば日付を自分で変えずにリライトし放題なので、みなさんもぜひ試してみてください!

 

本日は、以上です!