ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

はてなブログの独自ドメイン化でアクセスと検索順位が急落して吐き気がした..つづき。元には戻ってないけど光は見えてきた

f:id:oshaberiitboy:20181004055801j:plain

 

2018年8月9日に『ブラックリストのキリンです』のURLを独自ドメインに変更して、約2ヶ月が経ちました。

 

独自ドメイン後、しばらくしてアクセスは変更前の水準まで回復。しかし9月6日に当サイトのエース記事の検索順位がいきなりガッと落ちてしまったんです。

 

当然、その記事からのアクセスもめちゃめちゃ減りました。とてもネガティブな内容ですが、そのときの心境をコチラの記事に書いてます。

 

www.blacklist-kirin.com

 

...さて、その悪夢のような検索順位のダウンからほぼ1ヶ月。ブログのアクセス推移がどうなったか、今回は報告がてら書いていきます。

 

同じく独自ドメインに変えて検索順位がかなり下がった人は、よければ参考にしてください。

 

 

 

1ヶ月経ってもアクセス数は急落したまま

 

まず結論から言うと、残念ながらアクセス数が激減して約1ヶ月経過しましたが元の水準には戻ってません。

 

当サイトの「2018年9月1日〜10月1日」までのアクセス数はコチラです。

 

f:id:oshaberiitboy:20181002005853p:plain

 

9月3日の888PVがピークで、9月6日以降はアクセスは減ったままですね...。ピーク前後を比較するとほぼ倍ぐらい違うのがわかります。

 

  • ピーク前:1日に約850PV
  • ピーク後:1日に約450PV

 

独自ドメイン変更後、アクセスが少しずつアップしてくる頃は本当にテンションが上っていました。「よっしゃ!1日1000PV目指すぞ!」って感じで。

 

でも、ピーク後にアクセスがガタンと落ちてからは、ずっーと吐き気がしています。リアルに体調に影響するレベルで(メンタル弱すぎだろって言われればそれまでですが)。

 

そしてアクセス数が減る原因となったエース記事がコチラ。検索順位は「3〜4位」でしたが、現在は「13〜14位」まで落ちています。

 

 

もちろん(調べるワードにもよりますが)検索結果の2ページ目になるので、アクセスはビックリするぐらい来ないです。トホホ...。

 

まあ、ここまでアクセスが急落しても、まだまだ当ブログを見てくれるユーザーがいるのはありがたい限り。でも、ここで終わらずにもっとアクセスを上げたい気持ちは変わりません。

 

悩むばかりではネガティブになるので、「どうしてエース記事の検索順位が下がったのか」を考えてみました。

 

「ドメインパワーが弱い」とグーグルが気づいて順位が下がった?

  

あくまで推測ですが、「他の記事よりサイトのドメインパワーが弱い」と、グーグルが気づいた可能性があります。

 

時系列にするとこんな感じでしょうか。

 

  1. 独自ドメインに変更
  2. 直後の検索順位は301リダイレクトが成功してあまり変わらず
  3. 数日後にグーグルが「この記事ドメインパワー弱くね?」と気づいて順位急落

 

2と3は同じタイミングであるんじゃないの?

私もそう思ってた。まさか時間差で来るとはな!

 

てっきり「301リダイレクトで記事のドメインパワーは引き継がれた」と思っていたんです(301リダイレクトについてはこちらの記事も参照)。

 

でも、サイトはドメインを変えたばかりで、言わば「赤ちゃん」のようなもの。

 

検索結果に出てくる他の記事のドメインパワーがそのままなら、そりゃあ私のサイトは相対的に順位が下がるのは当たり前ですよね...。

 

あくまで推測でしかありませんが、自分の中ではかなりしっくりくる原因です。301リダイレクトが上手くいった!...と安心しきってたのが甘かった。

 

ニッチな検索ワードならドメインパワーが弱くても順位は下がらない?

 

当ブログはすべての記事の検索順位が下がったわけではありません。上のエースを含めて全記事の2〜3割ぐらいでしょうか。

 

順位が下がった記事の共通点は、「競合が多い検索ワードで表示されていた」ということ。

 

つまり逆に言えば、競合が少ないニッチな検索ワードで上位の記事なら、ちょっとドメインパワーが弱くてもビクともしません。まあ、これも推測ですけどね。

 

  • 競合が多い検索ワード:ドメインパワーが弱くなると下がる
  • 競合が少ない検索ワード:ドメインパワーが弱くても下がらない

 

当ブログでも順位があまり下がっていない記事は、かなりニッチなワードで検索されていて、対抗してくるサイトも少ないです。

 

「全記事の順位が下がるならまだわかる。でもなんで順位が変わらない記事もあるんだよ...」と原因がわからなかったのですが、上記の理由を考えるとこれもしっくり来ますね。

 

ドメインパワーが育つには3ヶ月ぐらいかかる

 

「じゃあ、ドメインパワー上げれば検索順位も元に戻るんじゃね?」ということで、いろいろ調べてみました。

 

こちらも結論から言うと、取得後したドメインパワーがある程度育つには「3ヶ月」ぐらいかかるみたいです。

 

以下、参考にさせていただいた記事からの引用です。

 

新規でドメインを取得したとしても、少なくても3ヶ月くらいの継続した運営が必要になってきます。

 

(中略) だいたい、経験上3ヶ月くらい定期的に記事を入れていくとドメインパワーが上がってくるような体感です。

 

半年くらいしっかりと育てるとかなりいい感じにインデックスしてくれるようになります。

 

引用元:https://affiligoto.com/domain-power/

 

この話が本当なら、当サイトは早ければ2018年12月ごろから検索順位が戻り始めるということ。

 

...これって、かなり希望がある観測じゃないでしょうか?

 

少なくとも、「順位が戻るにはしばらく待つしかない!」という具体性ゼロのアドバイスよりはよっぽど信頼ができます。 

 

ドメインパワー「20」が1つの目安

 

ちなみにドメインパワーを可視化できる「Moz」で当サイトを調べた結果がコチラ。

 

f:id:oshaberiitboy:20181002024100p:plain

 

サイト全体のドメインパワーを示す、「ドメインオーソリティ」は『12』でした(最大値は100)。まあ、2ヶ月前に取得したばかりならボチボチってところでしょうか。

 

ドメインパワーが強くなってきてるな~という目安は、だいたいドメインオーソリティが20を超えてくるとまあまあかなというイメージです。

 

引用元:https://affiligoto.com/domain-power/

 

上で引用したサイトでもこう書かれているので、あと少し耐えれば落ちてる検索順位もかなり戻りそうですね!

 

Mozはアカウント登録すればドメインパワーを測れるから、よかったら試してみてね!

 

...なお、有名ブロガー「クレジットカードの読み物」さんも、独自ドメイン化してドメインパワーがしっかり育つまで約4ヶ月かかってらっしゃいます。

 

news.cardmics.com

 

もちろんウチのサイトとは比べ物にならないぐらい大規模なブログですが、アクセス回復までにたどった道順はとても参考になりますね!

 

おわりに

 

以上、独自ドメイン化で検索順位が落ちたけど、ほんのちょっと光が見えてきたよ...という記事でした。

 

まさに「0」だった希望が、「1」に変わりました。なぜ順位が下がったのか分からなくてもがき苦しみましたが、推測ではあるもののなんとか原因を突き止められてよかったです。

 

たった1の希望ですが、原因が分かるだけで気持ちはかなりラクになりますね。

 

とりあえず、記事を更新しつつドメインパワーの成長を見守ります!

 

本日は、以上です!