ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

レターパックの支払いは現金だけ?郵便局やコンビニでクレジットカード、電子マネーが伝えるか解説!

f:id:oshaberiitboy:20181229025021j:plain

 

「レターパックよく使うけど、クレジットカード使えるのかな?」

 

...今回はレターパックの支払いにクレジットカード、電子マネーが使えるのか?について書いていきます。

 

レターパックプラス、レターパックライトは郵便局だけでなくコンビニでも買うことができます。大口の相手にビジネスで送るときなど、たくさんお金がかかるならクレジットカードで払ったほうがポイントがたくさん貯まってオトクですよね。

 

レターパックをよく使うよ...という人は参考にしてください。

 

 

 

郵便局ではレターパック購入にクレジットカードは使えない

 

f:id:oshaberiitboy:20190113133535p:plain

 

まず最も一般的な郵便局の窓口での購入ですが、レターパックはクレジットカードや電子マネーでは支払いできません。

 

郵便局でのレターパックプラス、レターパックライトの支払いは「現金のみ」になります。

 

  • 現金:郵便局の支払いに使える
  • クレジットカード:郵便局の支払いに使えない
  • 電子マネー:郵便局の支払いに使えない
  • コード決済:郵便局の支払いに使えない

 

これはレターパックだけでなく、切手やハガキなどの購入でも同じです。郵便局の窓口ではキャッシュレス決済は使えないと割り切るしかありませんね。

 

...ただし、たとえば今後、郵便局が独自のコード決済を導入すれば、そのコード決済サービスとクレジットカードを紐づけしてレターパックの支払いができるようになるかも知れません。

 

コンビニのレターパック購入も原則クレジットカードは使えない 

 

レターパックプラス、レターパックライトはコンビニでも扱っています。ただしファミリーマートを除いてクレジットカードで支払うことはできません。

 

 セブンイレブン   ローソン
 ファミリーマート  デイリーヤマザキ 
 ミニストップ  ...など

※ 一部扱っていない店舗もあります

 

セブンイレブンやファミリーマートが顕著ですが、店舗によってはレターパックを扱っていなかったり、 在庫がなかったりする場合もあるので、心配であれば買いに行く予定の店舗に確認しておきましょう。

 

セブンイレブンでレターパックを買う場合

 

セブンイレブンでレターパックを買う場合、支払手段は以下の2つです。

 

  • 現金
  • nanacoカード

 

郵便局とは違い、現金だけでなく電子マネーのnanacoでも支払いができます。nanaco以外の電子マネーは使えないので注意しましょう。

 

関連記事:nanacoカードが使えるお店はどこ?使い方はどうするの?百貨店、コンビニ、家電量販店など使える施設は多いです。

 

ファミリーマートでレターパックを買う場合

 

ファミリーマートでレターパックを買う方法は以下の2つ。

 

  • 現金
  • クレジット付きファミマTカード(クレジット払い)

 

上でも書いたように、ファミリーマートではクレジット付きのファミマTカードが使えます。今のところ、唯一クレジットカードでレターパックが買えるコンビニです。

 

ただ使えるクレジットはファミマTカードだけだよ!

 

ミニストップでレターパックを買う場合

 

ミニストップでレターパックを買う方法はこちら。

 

 

ミニストップはイオン系列のコンビニなので、現金だけでなく電子マネーのWAONも使えます。支払いでのWAONポイントは付きませんが、イオンカードからクレジットチャージしたときのポイントはもちろん付与されます。

 

ローソン、セイコーマート、デイリーヤマザキでレターパックを買う場合

 

ローソン、セイコーマート、デイリーヤマザキでレターパックを買う方法は、現金のみです。

 

他のコンビニのようにクレジットカードや電子マネーは使えません。この3つのコンビニでレターパックを買うときは手元にお金を準備しておきましょう。

 

郵便局のネットショップならクレジットカード払いができる 

 

f:id:oshaberiitboy:20190113134009j:plain

 

郵便局の店舗では現金以外の支払いはできませんが、郵便局が運営するネットショップならクレジットカードが使えます。

 

 

郵便局のネットショップでレターパックを買う場合、使えるクレジットブランドはVISA、Mastercardのみ。発行枚数の多いJCBは使えません。

 

  • VISA:レターパックを買える
  • Mastercard:レターパックを買える
  • JCB:レターパックを買えない
  • アメックス:レターパックを買えない
  • ダイナースその他:レターパックを買えない

 

バラ売りはできず20部ずつしか買えないので、ビジネスなどでまとめ買いするときにおすすめです。

 

レターパックはもちろん、ハガキ、切手、カタログギフト、食品、医薬品、衛生用品、インテリア雑貨などかなり幅広い商品を販売しています。さすがにAmazonと比べると商品数は少ないですが、わざわざ出かけなくても自宅で買えるのは大きなメリットですね。

 

Amazonでもレターパックを販売している

 

ネット通販業者のAmazonでも日本郵便がレターパックプラス、レターパックライトを送料無料で出品しています。Amazonに対応しているクレジットカードなら支払いが可能です。

 

 

 

1枚、2枚、10枚、20枚、40枚、100枚と幅広い単位で扱っているので、ちょっとだけ欲しい人やたくさん欲しい人も迷わず購入できます。

 

「じゃあわざわざ窓口やコンビニで買わなくていいじゃん!」...と思いがちですが、郵便局などで買うよりも価格が100円ほど高いです。場合によってはクレジットカードで付与されるポイントより価格が高くなるので、よく気をつけて購入しましょう。

 

おわりに 

 

以上、レターパックの購入にクレジットカードは使えるの?という記事でした。

 

オークションやメルカリの郵送にレターパックを選ぶ人も多いので、参考にしてください。

 

本日は以上です!

 

関連リンク:

「WAONにいちいちチャージするの面倒だな...」という人には『イオンカードセレクト』がおすすめ。電子マネーにはクレジットカードからチャージできるサービスがありますが、イオンカードはWAONにオートチャージが可能です。

 

  • 国際ブランド:VISA、Master、JCB
  • 入会費:無料
  • 年会費:無料
  • 盗難補償:◯
  • ETC:◯
  • キャッシュカード機能:イオン銀行
  • 付与ポイント:WAONポイント
  • イオングループの支払いで200円で2ときめきポイント貯まる!
  • WAONの残高が足りなくなったらオートチャージ!
  • ミニストップでのオートチャージ:◯
  • 入会するだけでポイントプレゼント!

 

申し込み希望の人は下記リンクからどうぞ。年会費無料で申し込めますよ。

 

申し込みリンク → イオンカードセレクト