ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

【最新版】LINE Pay(ラインペイ)のQRコード決済ができる店舗と使い方まとめ。コンビニやドラッグストアなどいろいろなお店で使えます

f:id:oshaberiitboy:20181127150535j:plain

 

「ラインペイのQRコード決済って便利そうだけど、どこで使えるかわからないんだよなー」

 

...今回はLINE Pay(ラインペイ)のQRコード決済はどの店舗で使えるのか?そしてどういう手順で支払うのか?について書いていきます。

 

キャッシュレスの支払いサービスとして注目されている、QRコード決済。提供している企業はいくつかありますが、最も有名なのはLINEが運営している「LINE Pay(以下ラインペイ)」でしょう。

 

2018年8月から1年間「ランクに関係なくQRコード決済でポイント3%還元!」というキャンペーンも話題になっています。

 

 

でも「QRコード決済は知ってるけど、どんなお店で使えるかはわからない...」という人は結構多いんじゃないでしょうか?

 

ラインのQRコード決済を導入している店舗をジャンル別にまとめたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

 

ラインペイのQRコード決済が使える店舗ジャンル別の一覧表

 

こちらにラインペイでQRコード決済ができる最新のお店をまとめています。2018年8月から3年間はQRコード決済の手数料が無料になるので、加盟店はどんどん増えていきそうですね。

 

コンビニ、百貨店など

 

利用者の多い大手コンビニのローソンや、阪神百貨店、阪急百貨店などではすでにラインペイのQRコード決済は使うことができます。

 

 LAWSON(ローソン)  BIG M ONE
 紳士服のザザホラヤ  紳士服の山下
 Farmy Hormy  博多リバレインモール
 Right-on(ライトオン)  アクアシティお台場
 LOFT(ロフト)  メガネスーパー
 阪急百貨店  阪神百貨店
 千歳アウトレットモール・レラ  ラコステ
 ジョーシン  ゲオ 
 セカンドストリート  ...など

 

ドラッグストア、薬局など

 

多くのドラッグストア、薬局がQRコード決済に対応しています。加盟店はこれからも増え続けそうなジャンルです。

 

 サンドラッグ  ドラッグ新生堂/くすりのハッピー
 大賀薬局  ココカラファイン
 ツルハ  ドラッグストアウェルネス
 くすりの福太郎  ウォンツ
 くすりのレディ  ....など

 

居酒屋、飲食店など

 

全国チェーンの白木屋、魚民、笑笑などでQRコード決済が導入されています。

 

 白木屋  魚民
 笑笑  千年の宴
 お初天神ハイボールバー  楽蔵 四条河原町店
 鮮や一夜 四条河原町店  金の蔵
 アカマル屋  月の雫
 バリバリ鶏  吉今
 万里  東方見聞録
 壁の穴  パスタママ 
 山内農場  丹波黒どり農場
 目利きの銀次  横濱魚萬
 語らい処「坐・和民」  和民
 TEXMEX FACTORY 渋谷神南店  ミライザカ...など

 

 美容系、エステなど

 

いまのところ、美容系でコード決済ができるのはリップス&ヒップスのみ。これから使える施設が増えることに期待したいですね。

   

 リップス&ヒップス  ...など

 

レジャー、カラオケなど

 

すでにジャンカラ、ビッグエコーなどの大手カラオケ店ではコード決済が導入されていますよ。

 

 釣具のポイント  ビッグエコー
 ジャンボカラオケ広場(ジャンカラ)  ...など

 

その他

 

一部クリーニング店などでもコード決済が使えます。これからもどんどん増えていってほしいですね。

 

 MIXMAX  クリーニング専科
 ゲオモバイル  ...など

 

 QRコード決済はレジで「ラインペイで払います」でOK

 

ではここからは「どうやってラインペイで支払いをするのか?」について書いていきます。慣れていないと難しそうに見えますが、そんなことはありません。

 

まずこちらも結論から言うと、レジで支払うときに店員さんに「ラインペイで払います」と伝えればOK。あとは店員さんがバーコード、もしくはQRコードをコードリーダーで読み取ってくれます。

 

もしくは自分からコードリーダーにQRコードの画面をかざします。基本的にはこのどちらかです。

 

  • 店員さんが読み取る方法:コードリーダーで読み取ってくれる
  • 自分で読み取らせる方法:コードリーダーにかざす

 

では、もっと詳しい手順を書いていきましょう。すでにラインペイを使っていることを前提に話を進めていきます。

 

LINEの「コード支払い」でパスワードを入力するとQRコード表示

 

f:id:oshaberiitboy:20181127141142j:plain

 

まずはLINEアプリを起動。

 

ウォレット → コード支払い の順番でタップします。

 

f:id:oshaberiitboy:20181127141324j:plain

 

つぎに事前にラインペイに登録してあるパスワードを入力します。

 

f:id:oshaberiitboy:20181127142930j:plain

 

するとバーコード、QRコードが表示されます。この画面を店員さんに見せれば決済してもらえます。

 

セキュリティの観点からか、発行されたコードは5分経過すると使えません。ただし更新すればまた新しいコードがでてきます。

 

コード決済のショートカットも作成できる

 

いちいちLINE開いてウォレット開いて面倒だよね?...という人のためにすぐにコード画面が開けるショートカットも作れます。

 

f:id:oshaberiitboy:20181127142930j:plain

 

コード画面の1番下にある「コードショートカット作成」をタップします。あとはそれぞれの端末に応じたブラウザ(iPhoneならSafari)が起動するので、手順に従って進めてください。

 

完了すればホーム画面にショートカットが追加されるので、すぐにコードを開くことができます。

 

ただし開くときには登録してるパスワードが必要だよ!

 

おわりに

 

以上、ラインペイのコード決済ができるお店と決済手順をまとめたよ...という記事でした。

 

セブン&アイホールディングスのnanacoが全国約33万店のお店で使えるのに比べるとまだまだ使えるお店は少ない印象のラインペイ。しかしくり返しになりますが3年間はコード決済の手数料が無料になるので、これから導入する施設は増えていくでしょう。

 

とても便利な支払い方法ですが、くれぐれもスマホの電源がなくならないように気をつけたいところですね。

 

本日は以上です!