ETCカード

チャージ式のETCカードはある?後払いではなくプリペイドで支払える方法はあるのか解説します

投稿日:

f:id:oshaberiitboy:20190215233449j:plain

 

「クレジットの審査が通らないからETCカードが持てない...後払いじゃなくてチャージして使うETCカードはないのかな?」

 

今回はこういった疑問にお答えします。

 

ETCカードを手に入れるためにはまず最初にクレジットカードを申し込んで、その後オプションにてETCカードを発行する...という手順が一般的です。

 

しかしクレジットカードの審査になかなか通らない人や、クレジットの後払いが嫌いな人にとって、この方法はハードルが高いですよね。

 

では、後払い式ではなく、SuicaやICOCAのように事前にチャージをして使うETCカードはあるのでしょうか?調べてみました。

 

 

 

チャージ式のETCカードは存在しない

 

f:id:oshaberiitboy:20190215233828j:plain

 

まず結論から言うと、チャージ式のETCカードは存在しません。

 

どのETCカードも、高速道路を使った料金がクレジットカードを通じて後日まとめて口座から引き落とされるシステムになっています。

 

つまりETCカードはクレジットカードと同じく後払い式。電子マネーやデビットカードのように「入金したお金がなくなるまで使える」というチャージ式は採用されていないんです。

 

  • クレジットカード:後払い式
  • ETCカード:後払い式
  • 電子マネー:原則チャージ式(一部ポストペイあり)
  • デビットカード:即払い式(口座にあるお金だけ使える)

 

このためクレジットカードではなく、電子マネーやデビットカードに紐付いたETCカードも存在していません。今後はもしかしたら登場する可能性もありますが、くわしい時期は不明です。

 

www.blacklist-kirin.com

 

チャージ式ETCカードはETCのシステムと相性がよくない

 

ではなぜ、これだけ多くの種類のETCカードが発行されているのにもかかわらず、チャージ式のものは存在していないのでしょうか?

 

これはあくまで推測ですが、チャージ式のETCカードは後払い式とくらべて高速道路のETCシステムとの相性がよくないからだと思われます。

 

上でも書いたように、ETCカードは高速道路での支払いをクレジットカードを経由することでまとめて後払いにしてくれます。手順としてはこんな感じ。

 

  1. ETCカードで高速道路を使う
  2. 料金をクレジットカード会社が高速道路会社に立て替えて払う
  3. 立て替えた料金を1〜2ヶ月後にカード会社が口座から引き落とす

 

つまり割引になることに加えて、手元にお金がなくても高速道路を使えるのがETCカードの大きなメリット。ただしこれは料金を後払いにするクレジットカードだからこそ、安全に運用できるシステムです。

 

チャージ残高が不足するとETCレーンのバーが開かずトラブルに

 

たとえばチャージ式のETCカードを作った場合、残高が足りないとETCレーンのバーが降りてきてしまいます。当然ですが高速道路は利用できず、そのまま立ち往生や追突事故などのトラブルになってしまうでしょう。

 

  • クレジットカードETC:手元にお金がなくても高速道路を使える
  • チャージ式ETC:チャージ残高が足りなければバーが開かずトラブルになる

 

もしもチャージ式のETCカードが登場した場合、後払い式よりもこういったトラブルが起こるリスクは高くなります。

 

まあ内容としては「駅の改札にSuicaをタッチしたらチャージ不足でゲートが開かなかった」...と一緒です。しかし、すぐに券売機でチャージできるSuicaと違って、ETCカードはまずレーンの外に車を出すにも手間がかかるし、「どんな手段でチャージするのか?」という課題もあります。

 

こういった問題を解決できればチャージ式ETCカードもありなんだろうけど、なかなか難しいよね...

 

どうしてもETCカードが欲しい人のための入手方法まとめ

 

では、ETCカードが欲しいけど、クレジットカードの審査が通らなかったりそもそもクレジット自体が欲しくない人はどうすればいいでしょうか?そういった方へのおすすめの方法はこちらの3種類です。

 

  1. ETCパーソナルカードを作る
  2. 審査の甘いクレジットカードのオプションで作る
  3. 家族カードのオプションで作る

 

これらの方法は下記記事でも詳しくまとめていますので、当記事では内容をざっと説明していきますね。

 

www.blacklist-kirin.com

 

ETCパーソナルカードを作る

 

ETCパーソナルカードは審査なしで作れる唯一のETCカードです。WEB申し込みはできず、高速道路のSA、PA、サービスセンターでの申込書から発行できます。

 

 

クレジットカードを持たずに作れるETCカードですが、最初に「保証金(デポジット)」を預けないとカードを発行することができません。つまり、申し込みには担保が必要になります。

 

預けるデポジットは「平均ETC利用月額の4倍」です。デポジット額の計算方法をリストにしてみました。

 

平均ETC利用月額デポジット額(平均利用月額の4倍)
5,000円20,000円
10,000円40,000円
15,000円60,000円
20,000円80,000円

 

見てもらえば分かりますが、デポジット額は最低でも2万円とかなりの大金です。このデポジットとはまた別に月々の利用料金が必要になります。

 

  • デポジット額:担保として預けておくお金
  • ETC利用額:デポジットとは別に口座から引き落とされる

 

また、まだ引き落とししていない料金がデポジット代の80%を超えると、なんとETCパーソナルカードが利用停止に。審査なしで作れるので、最終手段として残しておくことをおすすめします。

 

審査の甘いクレジットカードのオプションで作る

 

f:id:oshaberiitboy:20190113140706j:plain

 

自分はブラックリストだからクレジットカードは無理...という人でも、審査に通る可能性があるカードがあります。それが以下の2枚。

 

  1. ANAアメックス(解説記事はこちら
  2. 有料ライフカード(解説記事はこちら

 

ブラックリストは過去に自己破産や長い滞納をしてしまい、信用情報にキズがあることを指します。ETCカード...というよりクレジットカードの審査はまず通りません。

 

しかしこの2枚はどちらも必ず審査に通るわけではありませんが、ブラックでも持つことができる数少ないクレジットカードです。私も保有していて、それぞれオプションでETCカードを発行することができます。

 

ANAアメックスが年会費7,000円、有料ライフカードは年会費5,000円と高めですが、クレジットカードも一緒に作りたいという人はチャレンジしてみましょう。

 

ただ無職だったり、滞納金を完済してないとまず作れないから、しっかり準備をしてから申し込んでね

 

家族カードのオプションでETCカードを作る

 

親御さんや配偶者がクレジットカードを持っている人は、家族カードを作ってそこからオプションでETCカードを作る方法もあります。

 

家族カードの申し込みに原則として審査はありません。家族カードで買い物をしたら、その請求は本会員である家族にいくからです。

 

  • 間違い:家族カードの請求はカード保有者にいく
  • 正解:家族カードの請求はカード本会員にいく

 

ただし家族カードを申し込むと、カード会社は本会員の「再審査」を行います。追加で家族カードを作れば支払いの総額は増えるので、支払能力が足りているかチェックされる...というわけです。

 

ここで落ちてしまうと家族カードは作れません。

 

また楽天カードなど一部クレジットカードは家族カードからのETCカード発行に対応していないので注意してくださいね。公式サイトのQ&Aのページなどで確認できます。

 

おわりに:チャージ式のETCカードは作れないので諦めよう

 

以上、チャージ式のETCカードを作ることはできないよ...という記事でした。

 

ETCでのトラブルの可能性が高い以上、チャージ式が登場するのははハッキリ言って難しいです。ETCカードを手に入れたい人は、上に書いた3種類の方法を試してみてください。

 

 

 

 

-ETCカード

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.