クレジットカード 申し込み

「同一生計者」の項目はどうやって書けばいいの? | クレジットカード申し込みのコツ!

投稿日:

f:id:oshaberiitboy:20181216004553j:plain

 

「クレジットカード作るときに『同一生計者』ってよく聞かれるけど、あれはなんて書けばいいのかな?」

 

...今回はクレジットカード申し込みの「同一生計者」の記入方法について書いていきます。

 

同一生計者はクレジットカードの申し込みでよく目にする項目です。「家計をともにする人数」「生計をともにするご家族」なんて言い回しもよく使われます。

 

カードを作るときは同一生計者の人数を記入する必要がありますが、果たしてどのように書くのがベストなのでしょうか?日常生活であまり耳にしないワードだけに、記入するときに悩む人も多いかも知れません。

 

同一生計者の意味、また人数をどう書けばいいかわからない...という人は参考にしてください。

 

 

 

同一生計者とは「生活費用を一緒に使う人」を指す

 

まず同一生計者の意味ですが、「生計をともにする人」。もっと平たく言えば「同居して生活費を一緒に使っている人」を指します。

 

ものすごくざっくり表現すると「一緒に住んでいる家族の人数」を書けばOKです。

 

ただしこの「同居」がどこまで適用されるかはかなりアバウト。むしろどちらかというと「生活費をともにしてるか」が重要視される傾向にあります。

 

  • 同居している:重要視されない
  • 生活費をともにしている:重要視される

 

この生活費をともにしているかが優先されるため、場合によっては「別居」でも同一生計者としてみなされることもあるんです。

 

ちなみに同一生計者はカード申し込み本人も含めて数えるよ!

 

単身赴任や進学で別居していても家族とは同一生計者になる

 

たとえば3人家族(夫、妻、子ども)で同じ家に住んで生活費をともにしているなら、同一生計者は「3人」です。

 

では、この3人家族で夫のみ単身赴任で別居をしているとどうなるのか?これも夫の収入で妻と子どもを養っていると考えられるため、住んでいるところが違っていても同一生計者は同じく「3人」になります。

 

仮に妻が会社員やパートなどで収入があったとしても一緒です。夫と生活費をともにしているので同一生計者としてカウントされます。

 

  • 夫、妻、子どもで生活(同居):同一生計者は3人
  • 夫が単身赴任で妻、子どもは同居:同一生計者は3人

 

次に子どもが進学で別居して生活している場合。これも仕送りをしていたらその子どもは同一生計者になります。子どもが社会人で家を出ていて独立して生活をしている場合、もちろん同一生計者としてカウントはしません。

 

逆に社会人の子どもと同居していても、その子どもが自分の収入のみで生活をしているなら、同じく同一生計者としては含みません。このように同居していても独立して生活しているかが重要です。

 

f:id:oshaberiitboy:20181216002000j:plain

 

社会人で独立した子どもが一人暮らしをしているなら、その子どもがクレジットカードを作るなら同一生計者は「1人」になります。

 

 

祖父母と同居していても独立しているかで数える

 

最後にこの3人家族と親世帯が同居しているケース。二世帯住宅でそれぞれ独立して生活している場合は、親世帯はカウントせず「3人」で大丈夫です。

 

  • 親世帯と生活費をともにしている:同一生計者に含む
  • 親世帯と生活費をともにしていない:同一生計者に含まない

 

くり返しますが同一生計者の記入で重要なのは「生活費を一緒にまとめているか」ということ。別居しているから、同居しているから...というのはあまり参考にならないので、ここを押さえておけば難しくありません。

 

シェアハウスや同棲は同一生計者には含まない:

 

最近流行っているシェアハウスや恋人と同棲している人は生計をともにしているのでしょうか?...結論からいうとこれは同一生計者に含まれません。

 

もちろんそのときの状況によりけりですが、シェアハウスや同棲は世帯主を別々にしている場合は同一生計者ではないとみなされます。

 

  • シェアハウス:同一生計には含まない
  • 友達と同居:同一生計には含まない
  • 同棲:同一生計には含まない

 

彼氏や友人の収入に明らかに依存している...というわけでなければそれぞれの住人が独立ていると考えられるんですね。

 

同一生計者は少ないほどクレジットカード審査に有利になる

 

この同一生計者をどうしてクレジットカードの申し込みで記入するかというと、ズバリ審査で必要なため。もっと具体的にいうと同一生計者の人数は少ないほど審査が有利です。

 

改めて言うと同一生計者は『(本人を含む)生活費をともにしている人数』です。当然、同じ年収で「1人暮らしの家庭」と「10人家族を養っている家庭」では後者のほうが出費が増えるのでカード会社から見るとマイナスになってしまいます。

 

また同一生計者の人数が少ないほど審査もスピーディーです。逆に養っている人数が多ければ多いほど確認に時間がかかるのでそのぶん審査時間も伸びてしまうことがあります。

 

  • 同一生計者の人数が少ない:審査のスピードも早い
  • 同一生計者の人数が多い:審査に時間がかかることも

 

クレジットカードは支払いの手段ですが、一時的にカード会社に借金をします。その返済をしっかり払ってくれるかどうかをカード会社は申し込み内容で判断するんです。

 

...とはいえ、同一生計者の人数でウソをつくと虚偽の申告になるのでダメです。それこそ審査にとってはマイナス要素です。

 

ただ申込者が世帯主じゃなければ、あんまり同一生計者の人数で審査は左右されないみたいだよ!

 

おわりに

 

以上、同一生計者は生計費をともにしている人数を書こう!...という記事でした。

 

まあ家族と住んでる人はその人数を書けばまず大丈夫ですが、同棲やシェアハウスを選んでいるとちょっと気になる項目かと思います。

 

クレジットカード、ローンなどの申し込みでしか「同一生計者」なんてほぼ目にしませんが、いざ覚えておけばスムーズに手続きが進むので参考にしてください。

 

どうしても書き方がわからなければ、思い切ってそのカード会社のコールセンターに聞いてみましょう。

 

本日は以上です!

 

あわせて読みたい:

メリカリの支払いってクレジットカード使えるのかな?...という人は下記記事をあわせてお読みください。メリカリに登録できるクレジットカード、カードブランドを紹介しています。

 

www.blacklist-kirin.com

 

 

 

-クレジットカード, 申し込み

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.