クレジットカード 審査 未分類

クレジットカードの勤続年数の最低ラインってどのくらいなの?審査にどんな影響があるのか解説

投稿日:

 

「クレジットカード作るときにいつも勤続年数の項目があるけど、あれってどのくらいが正解なのかな?」

 

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

 

クレジットカードを作るときの情報として「勤続年数」は必ず書かされます。カード会社によっては「勤務開始年月」とも呼ばれますが、その会社で働いている年数を聞かれているのは一緒です。

 

では、この勤続年数の最低ラインってどのあたりなのでしょうか?働いて半年や1年でも審査に影響はないのか調べてみました。

 

 

クレジットカードの勤続年数の最低ラインは「1年」以上

 

 

まず結論から言うと、最低ラインとして1年以上同じ会社で働いているのであれば影響はほとんどないといっていいでしょう。

 

そもそも勤続年数がなぜ必須項目なのかというと、「同じ会社で長く働いている人はこれからも安定した収入がもらえる」...とカード会社が判断するため。クレジットカードは一言で表すと「借金」になるので、「安定した収入がある人」が審査に通りやすいです。

 

勤続年数:短いより長いほうが通りやすい

職業:フリーターや自営業よりも安定している正社員のほうが通りやすい

年収:低いより高いほうが通りやすい

 

勤続年数が短い人というのは、当然その会社に入ったばかりだということ。カード会社としては「すぐ辞めて収入がなくなりカードの支払いができなくなるのでは?」というリスクが生まれるので、どうしても長く勤めている人よりも審査がマイナスになってしまうんですね。

 

職場がコロコロ変わると収入も不安定になりがちだから、カード会社としては審査も慎重になるよね...
キリン

 

勤続年数だけでクレジットカードの審査が決まることはまずない

 

...上と書いていることが矛盾するようですが、勤続年数が短くてもクレジットカードの審査に通ることはよくあります。審査に影響がなくなるのが「入社して1年経ってから」であって、「1年未満ならカードが作れない」ということではありません。

 

クレジットカードは勤続年数の他にも、年収、居住年数、賃貸か持ち家か...などあらゆる要素をカード会社が総合的に審査します。細かい内容はカード会社次第ですが、「勤続年数が短い」だけでカードが作れないということはまずありません。

 

たとえば新卒で入社したばかりの人でも作れるし、転職してまだ1ヶ月とか半年ぐらいしか経っていなくても、ぶっちゃけそこまで審査に大きな影響は出ないでしょう。

 

  • 間違い:入社1年未満の人はクレジットカードの審査に落ちる
  • 正解:入社1ヶ月や半年でもクレジットカードの審査に大きな影響はない

 

勤続年数というのは申込者の自己申告であって、カード会社がチェックすることはできません。むしろ勤続年数よりも、ちゃんとその勤務先に在籍して安定した収入があることが審査では重視されます。

 

まあ、ステータス性の高いダイナースのようなカードだったらきびしく見られるかもしれませんが、年会費が無料のカードであればそこまで勤務年数は気にしなくてもいいでしょう。たとえば『楽天カード』は年会費が無料でポイントも貯まりやすいのでおすすめです。

 

楽天カードの申し込みは下のボタンから

※ 楽天カードの公式サイトにリンクします

 

勤続年数を覚えていない人はざっくりした数字を記入でOK

 

 

「入社してかなり経ってるから勤続年数なんてハッキリ覚えてないよ」...という人は、大まかな数字を記入すればOKです。くり返すように勤続年数はカード会社では調べることができないので、自己申告でざっくりした年月を書いてもらってかまいません。

 

もちろん虚偽の申告はダメです。入社して1年しか経っていないのに勤続年数を「10年」とウソをついても、申込み内容からカード会社に推測されてバレてしまいます。

 

しかし「5年5ヶ月」を「5年」にしたり、「3年11ヶ月」を「4年」と書く程度ならまず問題なし。勤続年数は「ヶ月」まで書く必要がありますが、そこまで細かく覚えている人は少ないのでちょっと間違っていてもカード会社は誤差の範囲だと考えてくれます。

 

正確な数字を覚えているならそれを書くのがベストですが、そこまで神経質にならなくても大丈夫です。

 

私もカード受付のバイトをするときは「勤続年数は覚えてる限りでいいですよー」って案内してるよ!
キリン

 

おわりに

 

以上、勤続年数の最低ラインは1年だけど、ぶっちゃけそこまで気にしなくていいよ...という記事でした。

 

今は転職もかなりメジャーになっているので、勤続年数は昔とくらべてそこまでカード会社は気にしなくなってきています。むしろちょっとした見栄のために勤続年数を大幅に水増しするのはリスクしかありませんから、絶対にやめましょう。

 

 

おすすめ記事ランキング

1

  「ブラックリストだけどどうしてもクレジットカードがほしい!なんとか作れるカードってないの!?」   ...今回はこういった疑問にお答えしていきます。   3ヶ月以上の延滞や債務 ...

2

  「ライフカードのデポジット型があるって聞いたけど、どんなカードなんだろ...?」   今回はこういった疑問にお答えしていきます。   2018年12月にライフカード株 ...

3

  「お金を借りたいけど過去に滞納してブラックリストになってるんだよな...。ブラックでも審査に通りやすいカードローンってあるのかな...?」   今回はこういった疑問にお答えして ...

4

  「高速道路をよく使うからETCカードが欲しい!でも、ブラックリストだけど作れるのかな?」   ...今回はこういった疑問にお答えしていきます。   ETCカードはクレ ...

5

  男性ブラックリストだけどクレジットカードが欲しい!必ず審査が通るカードってないの?   ...今回はこういった疑問に答えていきます。   クレジットカードを長期延滞し ...

 

-クレジットカード, 審査, 未分類

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.