デビットカード ポイント 審査

楽天銀行デビットカードの内容や申し込み方法を徹底解説!審査なしで作れてポイント還元率もいいんです

投稿日:

f:id:oshaberiitboy:20190125013231j:plain

 

「楽天銀行デビットカードってどんなカードなんだろう?」

 

...今回は楽天銀行デビットカードの内容について書いていきます。

 

デビットカードはいろいろな銀行が発行しています。私が楽天銀行をメインに使っているということもありますが、間違いなく日本トップクラスの使いやすさを誇るカードです。

 

 

ではそんな楽天銀行デビットカードについて解説していきますね。最初にまとめると、個人的にはポイントが貯まりやすいのでかなりおすすめです。

 

 

 

楽天銀行デビットカードは審査なしで作れて使い方もクレジットカードと同じ

 

f:id:oshaberiitboy:20190125005054j:plain

 

まずざっと説明すると楽天銀行デビットカードは、その名の通り『楽天銀行』が発行しているデビットカードです。デビットカードとは支払いが銀行口座から「即時引き落とし」になるカードで、「後払い」になるクレジットカードとは大きく違います。

 

  • デビットカード:支払うと口座から即時引き落とし
  • クレジットカード:支払うと口座から約1〜2ヶ月後に引き落とし

 

つまりデビットカードの支払限度額は銀行口座に貯まっているお金だけだということ。クレジットカードと違って自分の支払能力以上に使いすぎる心配がありません。

 

f:id:oshaberiitboy:20180723160155j:plain

 

クレジットカードが使えるスーパー、コンビニ、飲食店、WEBサービスなどであれば、デビットカードでも同じように支払いが可能です。レジで「クレジットカードでお願いします」と伝えれば、あとはスタッフさんがクレジットカードと同じ手続きで決済してくれます。

 

そしてクレジットカードとは違い審査なしでカードが申込可能。クレジットカードは平たく言えば「借金」になるので、カード会社は申し込んだ人の年齢、年収、勤務先、カードの返済状況を見て「この人にカードを発行していいか?」を判断します。

 

しかし楽天銀行デビットカードは使いすぎる心配がないので、16歳以上なら審査なしでカード作成が可能です。未成年はもちろん、ブラックリストのようにクレジットカードの審査に通らない...という人でも作れるカードになっています。

 

ただ名前や住所に記入ミスがあると落ちちゃうから、間違えないように申し込もうね!

 

還元率1%で『楽天スーパーポイント』が貯まる

 

f:id:oshaberiitboy:20190117193413j:plain

 

楽天銀行デビットカードの基本情報はこちらです。カードの種類には無料カード、ゴールドカードなどがありますが、今回は無料カードについて説明しますね。

 

 内容
カード名楽天銀行デビットカード(JCB)
楽天銀行ベーシックデビットカード(VISA)
カードブランドVISAまたはJCB
年会費無料
発行手数料無料
入会年齢16歳以上
付与ポイント楽天スーパーポイント
ポイント還元率1%(100円ごとに1ポイント)
付帯口座楽天銀行(他の銀行は不可)
利用限度額口座内の残高がある限り支払い可能
※ 1,000円ごとの設定も可能
盗難補償あり。1口座あたり年間限度100万円
公式サイトも参照
キャンペーン1000ポイントプレゼント
※ エントリー&新規入会&カード利用が必要

 

またデビットカードはポイントが貯まらない...というイメージがありますが楽天銀行デビットカードはどこでも支払いで1%の「楽天スーパーポイント」が貯まります。100円=1ポイント貯まるわけですが、これはクレジットカードの「楽天カード」と同じ還元率です。

 

他のデビットカードとポイントが貯まる比率はこちらです。

 

  • 楽天銀行デビットカード:1.0%
  • セブン銀行デビットカード:0.5%〜1.5%
  • リクルートポイント付VISAデビット:0.8%
  • 三菱UFJ-VISAデビット:0.2%〜0.5%
  • JNB Visaデビット:0.2%〜1.0%
  • イオン銀行キャッシュ+デビット:0.5%〜1.0%

 

中には1%を超えているカードもありますが、「特定のお店で買物をする」という条件を満たしての数字。どのお店でも1%貯まる楽天銀行デビットカードは、使いやすさではまさに日本トップクラスと言えるでしょう。

 

また楽天市場で楽天デビットカードを使えば楽天市場の基本ポイント1%と、カードポイント1%で合計2ポイントが貯まります。楽天市場をよく使う人は2倍の速さでポイントを貯めることができますね。

 

貯まったポイントは楽天のサービスで利用したり、デビットカードの支払いに使うこともできます(公式サイトも参照)。このあたりのポイントの使いやすさはさすが楽天といったところです。

 

ちなみに楽天銀行デビットカードにはETCを付けることはできません。クレジットカードを作りたくない、あるいは審査に通るか不安という人はこちらの記事も参考にしてください。

 

【関連記事】超ブラックでも作れるETCカードは?審査甘い、審査なしの3枚!

 

無料で作れて限度額も細かく設定できる

 

楽天銀行デビットカードのVISA、JCBブランドはどちらも年会費無料で作れます。申し込みには楽天銀行の口座開設も必要ですが、こちらも同じく無料です。

 

VISAブランドは以前は『楽天銀行シルバーデビットカード』という年会費が税込2,160円のものでしたが、2018年12月に『楽天銀行ベーシックデビットカード』の登場で無料で作れるようになりましたJCBだとたまに支払いできないお店、WEBサービスがありますから、VISAが無料で作れるのは嬉しいですね。

 

とはいえ日本国内であれば使えるお店にほとんど差はないので、どちらのブランドを作るかは好みになります。自分が持っていないブランドを選んでもいいですね。

 

またデビットカードの限度額は銀行口座に入っているお金になりますが、1000円単位で限度額を設定することもできます。

 

たとえ口座に入ってるお金だけつかえると言っても、たくさん入金されていればついつい払いすぎてしまう人も多いので助かりますね。

 

楽天銀行デビットカードは楽天Edyへのチャージは不可

 

残念ながら、楽天銀行デビットカードは電子マネー「楽天edy」へのチャージはできません。

 

もともとは楽天サービスらしくチャージ可能だった時期もあるのですが、2018年6月1日の楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa)、楽天銀行デビットカード(Visa)ができなくなったことをラストに、一切不可になりました。

 

楽天銀行は入金、出金をメール通知してくれるので使いやすい:

 

ネット銀行の中では老舗になる「楽天銀行」ですが、こちらの口座もかなり使いやすいです。私も2012年ごろに開設しましたが、自分にしっくり来るので現在でもメインバンクにしています。

 

大きな特徴は「口座の入出金」が登録しているメールアドレスにすぐ届くこと。給与の振込があるとすぐに通知が来るので、自分の収入が把握しやすいです。またデビットカードを利用したときも引き落としが直後に確認できます。

 

また「ハッピープログラム」で預金を増やしたり、銀行取引を多くすれば以下のようにATMや振込手数料が無料になります。

 

  • プログラムによってATM取引手数料が無料:月に最大7回
  • プログラムによって他行振込手数料が無料:月に最大3回
  • 給与受け取りで他行振込手数料が無料:月に3回

 

他の銀行への振込手数料が無料になるのはかなりインパクトがありますね。私も大家さんの口座に毎月振込をしているので、手数料が無料になるのはかなりありがたいです。

 

デメリットとしてはたまに口座指定ができないクレジットカード、就職先がある、ということぐらいでしょうか。こればかりはしょうがないので、別の銀行の口座を作っておきましょう。

 

クレジットカードを滞納してブラックな人でも銀行口座は作れるので安心です。

 

【関連記事】ブラックリストでも銀行口座は作れる?キャッシュカードは持てるのか解説

 

楽天銀行デビットカードの申し込みは楽天銀行の公式サイトから

 

楽天銀行デビットカードを作るためには、同時に楽天銀行の口座も開設しなければなりません。口座とカードの申し込むには公式サイトからアクセスしてください。

 

 

これは他のデビットカードも同じですが、別銀行の口座を設定することができないので気をつけましょう。まあ上でも書いたように楽天銀行はかなり使いやすいので作っておいて損はないですよ。

 

公式サイトにアクセスすると下の画像のように、楽天会員かどうか、楽天銀行の口座があるかで選択できるので、あてはまるものを選んで手続きしてください。

 

f:id:oshaberiitboy:20190124233804p:plain

引用元:https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

 

まず楽天銀行の口座を開設するときは以下の情報を入力。キャッシュカードを選択するページで、デビットカードを申し込めます。

 

  • 名前、性別、生年月日などの基本情報を入力
  • キャッシュカードの選択(ここでデビット機能付きキャッシュカードを選ぶ)
  • デビットカードの暗証番号などを入力
  • 本人特定事項の確認方法を選ぶ
  • 追加・オプションサービスを入力

 

事前に楽天会員になっておけば一部項目はすでに入力されているので、手続きがスムーズになります。デビットカードの暗証番号はお店で買い物するときに必要なので忘れないようにしましょう。

 

...ちなみに銀行口座の暗証番号は開設完了して、はじめてのログイン時に設定します。

 

デビットカードの到着はおそよ1週間〜10日かかる

 

楽天銀行デビットカードの到着は、楽天銀行の口座を持ってる人、持ってない人で届くまでの長さが変わります。

 

  • 口座開設とカード申し込みが同時:開設完了後1週間〜10日ほどで送付
  • 口座は持っていてカードのみ申し込み:約5〜7営業日で送付

 

そこまで極端な違いはありませんが、やはり口座を一緒に開設するほうが届くまでやや時間がかかります。デビットカードが欲しい場合は早めに準備をしておきましょう。

 

キャッシュカードとデビットカードが1枚にまとまってるから便利だよ!

 

おわりに:楽天銀行デビットカードは審査なしなのに高性能

 

以上、楽天銀行デビットカードの内容と申し込み方法を解説しました。

 

もともと楽天銀行が使いやすい上に、ポイント還元率も高いので個人的にもめちゃめちゃおすすめできるデビットカードです。16歳以上であれば審査なしで作れるので興味があるならぜひ申し込んで見てください。

 

あわせて読みたい:

貯まった楽天ポイントを有効に使いたい...という人は下記記事も参考にしてください。楽天スーパーポイントで擬似的な運用ができるサービスについて書いています。

 

www.blacklist-kirin.com

 

 

 

-デビットカード, ポイント, 審査

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.