ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

クレジットカードのブラックリストって?何年で消えるか期間も解説!

f:id:oshaberiitboy:20180506033737j:plain

 

 

「ブラックリストってよく聞くけど、いったい何なんだろう?」

 

...今回は、ブラックリストの内容、そして何年で消えるのか?について書いています。

 

ローンを組んでたりカードで買い物をする人は「もしかして私、ブラックリストかも?」と心配になることもあるかも知れません。

 

ちなみに私は2019年6月までブラックリストに載ってます(涙)

 

そこで今回は、

 

  • ブラックリストとはそもそも何なのか?
  • 載ったらどうなってしまうのか?
  • 消えるまで何年の期間がかかるのか?

 

について解説していきます。

 

デリケートなテーマだし周りに相談もしにくいだろうから、ここでちょっとでも不安が解消できれば幸いです!

 

 

 

ブラックリスト=CICに「金融事故情報」が載ってること

 

そもそもブラックリストって何なの?本当にそういうリストがあるの?

よく勘違いされるけど、「ブラックリスト」っていうリストは無いんだよ

 

...まず結論から言うと、ブラックリストというのは信用情報機関(CIC)に金融事故の情報が載ってることを指します。

 

そもそも「ブラックリスト」とは金融業界の用語のようなもので、実際にリスト(名簿)のようなものがあるわけではありません。

 

  • 間違い:ブラックリストという名簿で対象者は管理されている
  • 正解:ブラックリストという名簿は存在しない

 

この説明はWikipediaに詳しく書かれてます(出典元はコチラ)。

 

金融業界では信用情報機関を通じて

 

業者同士で事故情報(異動情報、借金の返済における事故)を共有することによって、借金申込者の事故情報の有無を確認

 

をできるようになっている。

 (中略)事故情報の有無が確認されて新たな貸出を拒否となった場合、

 

借金申込者から見れば自分がブラックリスト(融資不適格者リスト)に掲載されてしまったという印象

 

を与えて、このような言葉が発生したと考えられる。

 

日本では個人の信用情報(名前や住所や支払い遅延の有無)は主にCICにデータとして登録されます。

 

他にもJICCとか色々あるけど、とりあえずCICを覚えておけば大丈夫!

 

私たちがローンをやクレジットカードの申し込みでは、ローン会社やカード会社はCICの登録情報を元にして、

 

「この人にローンを組ませていいか?カードを発行していいか?」

 

を判断しているんです。

 

しかし何らかの原因で「金融事故」を起こしてしまうと、その事故情報もCICにしっかりと登録されてしまいます。

 

金融事故の主な原因は「ローンやカードの支払いの遅延」

 

ブラックリストについては分かったけど、「金融事故」って具体的に何?

カンタンに言うと、借りたお金を返せないと金融事故になるよ!

 

金融事故の原因はいくつかに分けられますが共通するのは、

 

お金を返済しないor返済できなくなった人

 

このような人たちがブラックリストになってるんです。

 

金融事故の原因は、大きく分けてこの3つ。

 

  • 各種ローンやカードの支払いの滞納(3ヶ月以上)
  • 債務整理
  • 自己破産

 

「債務整理」や「自己破産」も注意しなければなりませんが、1番起こりやすいのは「各種ローンやカードの遅延 」です。

 

気づかないうちにブラックリスト、なんてことも...

 

返済が1日遅れるだけでもしっかりとCICには情報が残りますが、「3ヶ月以上滞納」すると1発アウトでブラックリスト行きです。

 

  • 1日〜1ヶ月の遅れ:良くないがブラックリストにはならない
  • 2ヶ月ぐらいの遅れ:タイミングが悪いとブラックリストになる
  • 3ヶ月以上の遅れ:まず間違いなくブラックリスト

 

意図して払わなくてもダメですが、たまたま払えなくてもアウトなので気をつけましょう。

 

例えば、口座にお金が足りなくて引き落としができず、督促に3ヶ月以上気づかなくてもブラックリストになります。

 

「滞納してるかも...」と思ったら、すぐにお金を払おう!

 

ブラックリストは新規借り入れが不可

 

f:id:oshaberiitboy:20180506034058j:plain

 

さて、ブラックリストに載るとどうなるか?

 

1番大きなデメリットは 一定期間、新規の「借り入れ」が不可 ということです。

 

「あなたにお金を貸すと危ないので、しばらく貸しません!」という金融業者の意思表示だね

 

ちなみに自分から公言しない限り、家族や配偶者そして勤務先にあなたがブラックリストであることはバレません(もちろんクレカ否決のハガキを見られたりしてバレる可能性もありますが)。

 

え?借り入れできないだけ?ペナルティ軽くない?

 

確かにこれだけだと、そんなに大きいデメリットには思えないかも知れません。

 

しかし「借り入れ」の適用される範囲は広いんです。具体的には、以下のことができません。

 

  • 各種ローンの申し込み
  • クレジットカードの申し込み
  • 消費者金融からの借り入れ
  • 携帯電話の本体分割
  • 賃貸物件の入居審査(信販会社が行う場合)...etc

 

つまり車や家のローンなど、「先に商品をもらって後からお金を払うもの」「キャッシング」などお金を借りる時の審査がとても通りにくくなります。

 

審査は最終的な判断はその企業によるので絶対的なことは言えないですが、99.9%ムリでしょう。

 

でかい買い物をするときはつらいよ...

 

クレジットカードの審査も通らないので、もちろんETCカードも作れません。

 

ネットのサービスはクレカ払いが基本のところが多いから、クレカが作れないめんどくさい...

 

ブラックリストの期間は「最低でも5年」は消えない

 

ブラックリストはいつまで載るの?一生?

一生は載らないけど、長いよー(泣)

 

ブラックリストは滞納したお金をすべて返してから、最低でも「5年経過」しないと消えません。

 

「滞納した日」じゃなくて「滞納したお金を返した日」から5年間ね

 

また債務整理の場合は「7年」、自己破産の場合は最長で「10年」かかるケースもあります。

 

 CIC登録  期間

3ヶ月以上の延滞 

延滞している間ずっと

3ヶ月以上の延滞を完済 5年
債務整理

5〜7年

自己破産 5〜10年

 

ただ、一生ブラックリストに載り続けるわけではないので、そこは安心してください。

 

でも5年はマジで気が遠くなるほど長いから、ブラックはならないほうがいいよ(経験談)

 

関連記事:1年間踏み倒し!クレジットカードの延滞でブラックリストになった話

 

正直、「期間が長すぎないか?」とも思います。でも、金融事故をしっかり反省させるのはこのぐらいの時間が必要なのでしょう。

 

ブラックリストはCICの情報開示で確認できる

 

自分がブラックリストかどうかって、確認できるの?

結構カンタンにわかるよ!

 

ブラックリストに載っているかどうかは、CIC情報の開示で確かめることができます。

 

開示の方法は、

 

  • パソコン/スマホから申込
  • 郵便から申込
  • CICの窓口で申込

  

それぞれの開示の詳しい手順はCICのホームページから確認が可能です。

 

www.cic.co.jp

 

開示には「ローンやカードを契約した当時の電話番号」が必要なので注意してね!

 

開示した情報のデータの見方は、こちらのサイトを参考にすると頭に入りやすいです。 

 

www.blacklist-guide.net

 

 ブラックリストかどうかについては開示したデータの

 

「お支払の状況」 →   「26. 返済状況(異動発生日)」

 

の右隣の欄に「異動」と書かれていればブラックリスト確定です。

 

おわりに

 

以上、ブラックリストの原因と消えるまでの期間について解説しました。

 

長くなったので、大事なところをまとめます。

 

  • 「借りたお金を返せない人」がブラックリストになる
  • ブラックリストになるとカード、ローンが作れない
  • 延滞したお金を返してから最低5年は消えない

 

...こんな感じです!

 

ブラックリストになると、CICから事故の情報が消えるまでひたすら待つしかありません。それが1番ベストの方法です。

 

関連記事:ブラックリストを消したい!結婚で旧姓が変わればカード作れる?

 

ブラックリストは一生残るものではありません。でも、5年間もクレジットカードやローンが申し込めないのはかなり痛いです。

 

自分がブラックリストに載ってるか不安な人は、早めにCICで情報を開示しましょう。

 

関連リンク:ブラックにも甘いクレジットカード・カードローン

 

ブラックリストになっても、救いの手はあるんだぜ(小声)

 

...上では「ブラックリストは消えるまでひたすら待つしかない」と書きましたが、実はブラックでも審査が通りやすいクレジットカード・カードローンは存在します。

 

私もブラックリストに載ってからほとんどのクレジットカードやカードローンに落ちましたが、それでも数枚は審査に通過して所有しています。

 

さすがに「誰でも通る」わけではありませんが、それでも審査基準は他のカードやローンより甘めですね。

 

興味のある方は下の記事リンクからどうぞ。

 

 

本日は、以上です!