メニュー

クレジットカード・家族カードは家族がブラックリストだと審査落ち?

f:id:oshaberiitboy:20180716121143j:plain

 

「家族や配偶者がブラックリストだと、自分にも影響あるのかな・・・?」

 

...今回はクレジットカード・家族カードは家族がブラックリストだと審査に影響があるのか?について書いていきます。

 

自分はカードの支払いをキチンと行っていても、親や配偶者が延滞や自己破産をしている人もいると思います。

 

通常は当人がブラックリストであることは身内であっても通知はされません。でも、本人からの申告で「実はブラックリストなんだ・・・」と知らされることもあるでしょう。

 

「自分はカードが作れるのか?」

「車のローンは審査は大丈夫なのか?」

「夫がブラックだけど住宅ローンは通るの?」

  

自分にはまったく非がないのに、クレジットカードが作れなくなるかも知れないなんて理不尽ですよね?

 

配偶者や親がブラックだけど、大丈夫かな?...という人は、参考にしてください。

 

※「ブラックリスト」ってそもそも何なの?という方は、ブラックリストの内容について解説した記事を先にお読み下さい。

 

 

 

家族や配偶者がブラックリストでもクレジットカード審査は通る

 

結論から伝えると、家族がブラックリストや自己破産でも本人が申し込むならクレジットカードやローンの審査にほぼ影響はありません。

 

もはや「影響ゼロ」と言ってもいいくらい。

 

  • 間違い:いくら本人が問題なくても家族がブラックだと審査落ち
  • 正解:家族がブラックでも本人の審査には99.9%影響なし

 

その理由は「クレジットカードは原則としてカード申込者本人の信用情報のみで審査をする」からです。

 

f:id:oshaberiitboy:20180528181227j:plain

 

カード審査の担当者は「家族の信用情報」は見れないんだよね

 

つまりいくら家族や配偶者が過去に延滞をしていても、カードを作る申込者がしっかりしていれば大丈夫。

 

  • 仕事をしている(=支払い能力がある)
  • 過去に長期の延滞をしていない
  • その他の属性に問題がない

 

このような属性をチェックして、カード会社に「この申込者は信用できる(=支払いの延滞はしない)」というお墨付きが得られれば審査は通ります。

 

ま、考えて見れば当たり前ですよね。本人に問題がないのに「家族の連帯責任」でカードが作れないのはおかしな話。

 

 

専業主婦で配偶者がブラックリストでも影響はほぼない

 

では、本人に収入がある場合ではなく専業主婦のように「配偶者の収入で生活していて、その配偶者がブラックリスト」のケースではどうなのでしょうか?

 

結論から言うと、コチラもほぼ影響はないと考えていいでしょう。 

 

つまり専業主婦の場合も「申込者本人の属性」をベースにして審査が進みます。

 

でも旦那の収入で生活してるんだから、旦那の信用情報も調べられるんじゃないの?

 

たしかに個人信用情報機関(CIC)では「申込者と同居している家族」のリストを見ることはできますが、家族の属性の中身まで調べることはできません。

 

  • 間違い:専業主婦のカード申し込みは旦那のCIC情報もチェックされる
  • 正解:専業主婦のカード申し込みでも本人の属性のみチェックされる

 

「信用情報を見ていいですよー」と許可をもらってない人の情報を勝手に覗くと、法に触れる可能性があるんだね

 

だから専業主婦でカードの審査に落ちたなら「旦那がブラックだから落ちた!」わけではなく、本人のCIC情報におかしな点がある可能性が高いです。

 

「パートでもして少しでも自分の年収をあげよう!」と前向きに考えるのが得策でしょう。

 

 ブラックリストの家族名義での家族カードは作れない

 

ここまで、親や配偶者がブラックであっても、本人に支払い能力さえあればカードは作れる!...というお話でした。

 

しかし「ブラックリストの家族が本カードを申し込んで、自分が家族カードを持つ」ケースだと審査に通る可能性はゼロに近いです。

 

f:id:oshaberiitboy:20180528192335j:plain

 

さすがにブラックリストである家族本人が申し込んでも、ほとんどの場合は審査に速攻で落ちてしまうでしょう。

 

  • ブラックの家族がいるが本人名義でカードを作る:作れる
  • ブラックの家族が本カードを作って家族カードを持つ:ほぼ無理

 

現在ブラックリストでも審査に通りやすいカードは3枚ありますが(参考資料はコチラ)、どれもデメリットがあります。

 

  • 家族カードが作れない
  • ポイントが貯まらない(貯まりにくい)
  • 年会費が高い

 

・・・などなど。そもそも家族カードが作れないものもありますね。

 

どうしても家族カードでクレジットカードが欲しいなら家族のブラックリストが消えるのを待つか、いっそのこと諦めて自分名義の家族カードを作るしか方法はありません。

 

おわりに:家族カード以外でクレジットカードが作れないのは自分に理由がある

 

たとえ家族がブラックリストでも、自分がクレジットカードを申し込むときにはほぼ影響がないことがわかりました。

 

もし自分がカードの審査に落ちた時、「あなたのせいでカード作れなかったじゃない!」...と家族に辛くあたる人もいるかも知れません。

 

でも、家族カード以外でカードが作れないのは自分の属性がよくないことがほとんどなんです。

 

年収をあげたり延滞気味なら早めに支払いをするなど、自分のCICに良い情報が残るように努力しましょう。

 

そして、

 

家族の属性が影響しないことは分かったよ。でも、自分が審査に通るかちょっと不安だな・・・

 

という人のために、キャッシングですがオススメの比較サイトをご用意しました。

 

 

この「くらべる君」は年間約20万人が利用していて、 

 

  • 大手を含む40社のキャッシングを匿名でまとめて簡易審査
  • 24時間365日いつでも申し込みOK
  • もちろん簡易審査は無料ですぐに終わります!

 

という、お金を借りたい人にはまさに至れり尽くせりのマッチングサイトです。

 

参考として私もくらべる君を試しましたが私の属性は、

 

  • 年収200万(非正規)
  • 借り入れは1件
  • 3ヶ月以上の延滞経験あり

 

こんな感じです。うーん、収入も正社員に比べると不安定で延滞があるので決してよくはありませんね。

 

でも金融機関40件中で、なんと4件も簡易審査に通過しました!

 

え?40件中で4件?少なくない?

パッ見は少ないけど、延滞経験があるのにキャッシングの見込みがあるってすごいことだよ!ありがたい!

 

くらべる君はあくまでも仮の審査なので、企業の本審査とはまた別になります。

 

でも「自分が審査に通るかわからない・・・」という人にとって、100%では無いけれど1つの目安になるのは嬉しいですね!

 

 

審査落ちのリスクを減らしたい人は、ぜひ1度くらべる君を試してみてください!

 

本日は、以上です!