ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

アコムの審査に落ちた理由は?通らない原因と対策を徹底解説!

f:id:oshaberiitboy:20181121142812j:plain

 

「え!アコムの審査落ちた...借りれると思ったのになんでだ...」

 

...今回はアコムの審査に落ちたときの考えられる原因について書いていきます。

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融。日本ではかなり人気がありますがお金をかりるためには審査を受ける必要があります。

 

そして、審査落ちしてしまってもアコム側はその理由を教えてくれません。

 

アコムの審査に落ちてしまうと、「もはや自分はどこの会社でもキャッシングできないんじゃないか」とふさぎ込んでしまうでしょう。しかし落ちた原因が推測できれば、そこを改善して審査に通る確率を高めることができます。

 

それでは、アコムに落とされる原因とはいったい何なのでしょうか?

 

私も過去にアコムの審査落ちの経験があるので、それもふまえて書いていきます。

 

 

 

アコムの審査成約率は50%でそこまで高くない

 

まず最初に言っておきたいのは、アコムで審査落ちするのはそこまで珍しくないということ。

 

人気のある消費者金融なので誰でも借りられそうなイメージがありますが、アコムが公表している成約率(新規貸付率)はここ数年だと40〜50%です。

 

 期間  アコムの新規貸付率
2015年4月〜9月 48.5%
2015年10月〜2016年3月 47.9%
2016年4月〜9月 47.5%
2016年10月〜2017年3月 46.8%
2017年4月〜9月 46.0%
2017年10月〜2018年3月 44.8%
2018年4月〜9月 43.8%

データ出典元:https://www.acom.co.jp/corp/ir/library/monthly_report/ 

 

つまり申し込んだ人の約半分は審査に落ちているということです。

 

  • 間違い:アコムに申し込んだら誰でも審査に通る
  • 正解:アコムに申し込んだ半分ぐらいの人が審査に通る

 

この50%弱という数字をどう捉えるかは個人差があるでしょう。私は思ったよりも低い成約率だと感じました。

 

このように、アコムが誰でも受かる消費者金融ではないのは分かっていただけたかと思います。

 

ブラックリストだとアコムの審査に落ちる可能性が高い

 

まずアコム審査落ちの原因として最初に考えられるのは、ブラックリストに載っているということ。

 

ブラックリストとは平たく言うと「あなたの信用情報にキズがついている状態」を指します。

 

たとえば自己破産、債務整理、3ヶ月以上の延滞などの金融事故を起こしてしまうと信用情報機関(通称:CIC)に事故情報がデータとして残ります。この事故情報こそがブラックリストと呼ばれるものです。

 

  • CIC:私たちの個人情報やカード、ローンの支払い状況を管理する組織

 

ブラックリストになってしまうと一定期間クレジットカードやカードローンの審査に通りません。なぜかというとカード会社、ローン会社は審査をするときに申込者のCICのデータをチェックするからです。

 

借りたお金を返そうとしない人をなかなか信用できないのと同じで、過去に金融事故を起こした人にカードやローンを組ませようとする企業はありません。

 

自分がブラックリストかどうかはカンタンに開示ができる

 

このCICのデータはネットや窓口で申請すれば開示して見ることができます(CIC公式サイトも参照)。以下は開示した私のデータです。

 

f:id:oshaberiitboy:20181013100659j:plain

  

赤丸は「返済状況」。残債額などがここに載りますが、3ヶ月(もしくは61日)以上の延滞をすると『異動』と書かれてブラックリスト入りです。

 

上でも書いたとおりCICに加盟しているカード会社やローン会社は、審査のときに申込者のCICデータをチェックします。この異動情報があるとまず可決しません。

 

そして青丸は「入金状況」。アルファベットは以下の意味を指します。

 

  • $:請求日までに入金があった
  • A:請求日までに入金がなかった

 

余談ですが私は1年以上もクレジットカードを延滞した経験があり、AAAAAAA...と連続で書かれていました。

 

関連記事:1年間踏み倒し!クレジットカードの延滞でブラックリストになった話

 

またブラックリストが解除されるまでも長く、最低でも5年間は異動情報は消えません。

 

原因  期間
3ヶ月以上の延滞(未払い)  延滞している間ずっと
3ヶ月以上の延滞(完済) 完済から5年
債務整理 5〜7年
自己破産 5〜10年

 

自分がブラックかどうか知りたい!...という人はとりあえずCICを開示してみましょう。

 

延滞はクレジットカードやローンが対象だよ!公共料金は含まれないよ!

 

対策:ブラックリストから半年〜1年以上経っていれば通る可能性も

 

...ここまでブラックリストではクレジットカードやローンは落ちると書いてきましたが、実はアコムはブラックでも審査に通る可能性があります。
 
どのような基準で審査をしているのかはわかりませんが私もアコムに申し込んでローンが組むことができました。
 

f:id:oshaberiitboy:20180908140415j:plain

ブラックリスト中に作れたアコムのカードローン
 
ただし1度目の申し込みはブラックリストになった直後だったせいか、すぐに審査落ち。可決したのはそこから半年以上経ってから2度めの申し込みのときです。
 
  • 1度目:ブラックリストになった直後に申し込んで否決
  • 2度目:1度目から半年以上過ぎてから申し込んで可決
 
つまりアコムの審査に落ちたら半年以上は期間を空けて申し込むのがベストな対策だと言えるでしょう。
 
この期間中は、自分の月収や勤務先(アルバイト)は変わっていません。ブラックでも作ることはできるものの、さすがに金融事故をしてすぐだと審査はきびしくなるのでしょう。
 

f:id:oshaberiitboy:20180902060939j:plain

ブラックになってから一定以上の期間が過ぎていればアコム側もすこしは心証がよくなっています。私の場合は半年ぐらいで通りましたが、確率を少しでも上げるならブラックリストになってから1年以上は待ってから申し込むことをおすすめします。
 
もちろんブラックリスト確定から半年ぐらい通る人もいるし、逆に3〜4年経っていても落ちる人もいます。あくまで「半年〜1年以上は待つ」のは目安としてお考えください。
 
ブラックリストでのアコムの審査については下記記事でもくわしく解説しています。
 
 

ブラックではないのにアコムの審査に落ちたときの原因まとめ

 

では「ブラックではないのにアコムの審査に落ちた!」...という人の原因はなんなのでしょうか?

 

これもアコムが明言していないので、推測で考えるしかありません。しかし、カードローンの審査に落ちる人はだいたいこの中に理由があるといわれています。

 

1. 申し込み条件を満たしていない

 

まず考えられるのはアコムが提示する申し込みの条件を満たしていないパターン。

 

アコムの公式サイトではカードローンの申し込み条件は以下になっています。

 

貸付対象者:20歳~69歳までの安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方。

 

引用元:https://www.acom.co.jp/use/

 

もし20歳以下、69歳以上の年齢の人であれば、別の手段でキャッシングする方法をみつけなければなりません。

 

2. 申し込みの内容に明らかな虚偽がある

 

アコムでは申し込みの後に担当者から本人確認の電話があります。ここで年齢、年収、勤務情報などに明らかな虚偽が見られるとアコムの判断によっては審査落ちになることも。

 

たとえば「本当は年収300万だけど、見栄を張って1000万と記入した」...という内容だと、アコムにバレてしまうとかなり心証も悪くなります。

 

これが単なる記入ミスであれば電話でのやり取りで修正すればOKです。ただしこれもあまりにもミスが多いと審査落ちになる可能性があるので、申込み内容はしっかりと確認しつつ記入してくださいね。

 

3. 収入が安定していない

 

貸付対象者の条件にも書かれている通り、アコムがお金を貸すのは「安定した収入と返済能力を有する方」です。

 

属性ごとのアコムでの審査の通りやすさを表にしました。

 

 属性  難易度
会社員・役員
契約社員
派遣社員
アルバイト・パート
個人事業主
専業主婦(主婦) ◯(パートなどで収入があること)
年金受給者
学生 ◯(バイトなどで収入があること)
無職
家事手伝い
ブラックリスト ※ まず落ちるが場合によっては可決

 

パートやアルバイトなどの非正規雇用者は、正社員と比べると収入が安定していないので審査落ちすることが多くなります。

 

また無職、家事手伝いなどの人は収入源がないのでまず審査に通りません。いくら手元に資産があっても、安定したお金が入っていこない人はアコムからの信用は低くなります。

 

  • 資産はないけど安定した収入がある:アコムの信用は高くなる
  • 資産はあるけど安定した収入はない:アコムの信用は低くなる

 

自分は無職だけどアコムでお金を借りたい...という人は早めに就職することをおすすめします。

 

4. ブラックではないが何度も延滞した履歴がある

 

長い延滞はしていないけど1ヶ月ぐらい払わないことがよくある...という人もアコムの審査に落ちやすい状態です。CICに登録される支払いは下記のようなものになります。

 

  • クレジットカード
  • カードローン
  • ショッピングローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • 携帯の分割払い(別記事にて説明あり

 

もしCICを開示して「異動情報はないけどAはそこそこ並んでる」のであれば、それだけでカード会社からは「支払いにだらしがない人」と思われてしまいます。

 

もちろん審査にも大きく影響していくので、これらは請求日までにちゃんと支払いをするということを意識してくださいね。

 

5. 他社での借り入れ件数が多い

 

すでに他の消費者金融でたくさん借りている人はアコムの審査には通りにくくなります。

 

昔とは違い「総量規制」が実施されたことにより、年収の3分の1以上の借り入れがある人はキャッシングができません。

 

  • 総量規制:個人の借り入れの総額が年収の3分の1までに制限されること

 

借入件数が多い人が新しくキャッシングをしようとすると「この人お金に困ってるのかな...」と疑われてしまいます。もちろん、その人の収入によって企業の判断は変わりますが。

 

自分が借りすぎているかはなんとなくわかると思うので、「ちょっと借金し過ぎかな...」という人はまずは今ある借り入れを返すところから始めてください。

 

6. 申し込み落ちしてから半年以内に再申し込みをした

 

半年以内に借り入れで審査落ちした人が再び申し込むときには注意が必要です。

 

審査落ちの記録は半年間CICにデータとして残ります。特に同じ消費者金融で半年以内にまた申し込むと審査に落ちる可能性がより高くなってしまうんです。

 

関連記事:クレジットカードの審査落ちで申し込み履歴は半年で消えるって本当?

 

他社に申し込んだ人は1〜2ヶ月、同じ会社に申し込んだ人は上にも書きましたが6ヶ月以上は期間をあけると、審査に通る確率はグッと上がります。

 

おわりに

 

以上、アコムの審査に落ちた人はまずはブラックかどうか確認するのをおすすめします...という記事でした。

 

くり返しますがアコムの成約率は約50%。誰でも審査無しで受かるような企業ではないことは頭に入れておきましょう。

 

アコムの審査になかなか通らない...という人は、上に挙げた原因が自分にないかどうか確かめてみてください。

 

本日は以上です!

 

あわせて読みたい:

クレジットカード申し込みの「年収」の項目はどうかけばいいの?...という人は下記の記事をあわせてお読みください。年収は正確に記入したほうがいいのか?について書いています。

 

www.blacklist-kirin.com