ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

FXはブラックリストでもできる?借金滞納しても口座の審査は通りますが個人的にはおすすめしません。

f:id:oshaberiitboy:20190113131047j:plain

 

「FXに興味あるんだけど、ブラックリストでもできるのかな?」

 

...今回は、ブラックリストでもFXの口座開設はできるのか?...について書いていきます。

 

借金やカードの支払いを滞納してブラックリストになると、最低でもクレジットカードやローンは5年間作ることができません(こちらの記事も参照)。でもブラックリストはまだ解けていないけどFXに興味があるからチャレンジしたい...なんて人もいるでしょう。

 

FXの口座を作るにも審査があります。では、ブラックリストだとその審査に影響があるのか解説していきますね。

 

ちなみにこの記事のまとめをざっと説明すると、ブラックでもFXはできるけど一発逆転が目的ならやめといたほうがよくて、こつこつ小額で運用するならおすすめ...です。

 

 

 

ブラックリストでもFXの口座開設はできる!

 

f:id:oshaberiitboy:20190103234038p:plain

 

まず結論から言うと、ブラックリストでもFXの口座開設はできます。たとえ借金があってもそれを理由に審査で落とされることはありません。

 

FXのお金は借金して用意する!...という場合はかなりハードルが高いですが、自分が持っている資産からFXをするのであれば、ブラックリストであることはまず影響しないといってもいいでしょう。

 

ちなみにFXの口座を作ったあとにブラックリストになったとしても、強制解約されることもありません。これは株式投資で証券会社の口座を持っているときも同じです。

 

【関連記事】ブラックリストになっても株式投資はできる?証券会社の口座が作れるかを解説! 

 

FXの口座開設は信用情報をチェックしない

 

ではなぜFXの口座がブラックリストでも作れるのかというと、FXの審査では証券会社やFX業者は信用情報をチェックしないからです。

 

  • 信用情報:私たちの氏名、生年月日、住所、勤務先、クレジットカード返済状況などの情報

 

信用情報を管理する組織としてはCICが有名ですが、新しくカードやローンを作るとき、申し込まれたカード会社などの企業はこのCICに登録された申込者の情報を参考にして「この人にカードを発行していいか?」決めています。

 

...そしてFX口座を申し込むときも名前、生年月日、住所、年収、本人確認物(免許証など)といった情報を記入します。クレジットカードを作るときと申込み内容が似ているので、同じように審査するんじゃないの?...と思われる人もいるかもしれません。

 

しかしFXの審査内容は「入力内容にミスがないか」とか「提出された免許証は本人のものなのか」というようなシンプルなもの。お金を借りるわけではないので、審査でCICがチェックされることはありません。

 

  • クレジットカード:一時的な借金になるのでCICがチェックされる
  • カードローン:借金なのでCICがチェックされる
  • 住宅ローン:借金なのでCICがチェックされる
  • FX:借金ではないのでCICはチェックされない

 

また年収こそ聞かれるもののクレジットカードを作るときと違って仕事の勤務先は書かなくていいですし、もちろん在籍確認もありませんよ。

 

ブラックでも審査の甘いクレジットカードはある:

 

ブラックリストでは大幅にカード、ローンの可決が制限されますが、すべてのクレジットカードが持てないというわけではありません。

 

数は少ないもののブラックにも審査が甘いクレジットカードはあります。

 

【関連記事】超ブラックでも作れるクレジットカードは?あのカード審査甘すぎる!

 

クレジットカードの審査に通る自信がない...という人は、ぜひこのカードにチャレンジしてみてください。

 

ブラックリストでFXをするのはおすすめしない

 

さて、ブラックリストでも記入ミスなどが無ければFX口座は作れるのですが、ハッキリ言ってブラックの人がFXをするのは私はおすすめしません。

 

理由はズバリ、元手が少ないことが多いから。私もそうでしたが、借金を滞納してブラックリストになる人はお金に困っていることがほとんどです。そもそも困ってなかったら完済してます。

 

FXは株式と違って為替のレート変動が激しくなることはあまりありません。だからFXトレーダーの多くは元手の資金にレバレッジをかけて運用しています。

 

  • レバレッジ:手元の資金の何倍もの為替を運用できるシステム

 

たとえば元手が10万円だとするとレバレッジをかけなければそのまま10万円分の為替運用になります。でもレバレッジを10倍にすれば一気に100万円分の運用ができるんです。

 

ただしレバレッジは儲かったときのリターンも大きいですが、損したときの額も膨大です。損をしたときは追加証拠金(追証)をしなければなりませんが、はたしてブラックの人にそこまで資金の余裕があるでしょうか?

 

借金するにもブラックだから審査通らないしね。八方塞がりだよね...

 

FXで一発逆転!...なんて意気込んでるならやめよう

 

f:id:oshaberiitboy:20190113100830p:plain

 

もちろんブラックリストでもお金が貯まってる人やレバレッジをかけず、自分の手持ち資金だけでコツコツと運用するなら問題ありません。

 

むしろ資産運用って自分で動いてみないと学べない部分がいっぱいあるので、小額の「失っても痛くないお金」でチャレンジするのはおすすめです。

 

しかし「ブラックでお金もないから生活苦しい...だからFXで一発逆転だ!」...なんてロクに勉強もせずに始める人は冷静な判断ができないので、その道のプロからしたらカモです。考え直しましょう。

 

同じ金融取引なら、株式投資で値上がりしそうな会社を調べるほうがまだ損をするリスクは低いですよ。

 

おわりに

 

以上、ブラックリストでもFX口座は作れるよ...という記事でした。

 

もしブラックリストの人が審査に落ちてしまっても、それはブラックが原因ではないでしょう。たとえば、名前や住所が間違っていたり、そのFX業者の基準の年収に達していない...などの理由が考えられます。

 

ブラックリストだけどFXをしてみたい!...という人は参考にしてください。ただし上でも書いたように大金稼いで一発逆転なんて方法はリスクが高すぎるのでおすすめできませんけどね。

 

本日は以上です!