ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

前科や犯罪歴があるとクレジットカード作れない?審査の影響を解説!

f:id:oshaberiitboy:20180914001813j:plain

 

「クレジットカード作りたいけど、前科があるとやっぱり通りづらいのかな...?」

 

...今回は前科や犯罪歴があるとクレジットカードの審査に影響するのか?について書いていきます。

 

やっぱり前科=ブラックリストみたいな扱いになるのかな?

この記事を読めば、スッキリ解決するよ!

 

しっかりと罪を償ったけど、自分の前科が原因でクレジットカードが作れなかったらどうしよう...と心配な人もいるかも知れません。

 

そこでクレジットカードの審査に、「前科」どのくらい関係があるのか解説していきます!

 

 

 

前科や犯罪歴があってもクレジットカードの審査には影響しない

 

f:id:oshaberiitboy:20180914001906p:plain

 

結論から言うと、前科や犯罪歴があったとしてもクレジットカードの審査には何も影響しません!

 

申し込むカード会社や金融機関が「この人は前科がある!カードを作らせない!」と個人の犯罪歴を調べることはできないです。

 

  • 間違い:金融機関は個人の犯罪歴を調べられる
  • 正解:金融機関は個人の犯罪歴を調べられない

 

クレジットカード審査では、申込みの内容を信用情報機関(CIC)と照らし合わせてカードを発行するかどうかをジャッジします。

 

以下は私のCICのデータです。申込者が過去に前科があったとしても、CICの情報からは確認することはできません。

 

f:id:oshaberiitboy:20180913220536p:plain

  

CICで確認できる個人情報はコチラ。

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 勤務先
  • 契約しているローン、クレジットカード
  • 入金情報
  • 返済時状況
  • 金融事故(=ブラックリスト)の有無...etc

 

ブラックリスト扱いになる金融事故はわかってしまいますが、その人が前科者かどうかはCICを見ただけではわかりません。執行猶予も同じく。

 

その人の前科の有無を管理してるのは検察などのデータベースです。カード会社でもCICでもありません。

 

立川法律事務所の弁護士の方もこの情報管理について書いています(引用元はコチラ)。

 

また、前科の情報は検察庁のデータベースや市区町村の犯罪人名簿に記録され、家族や本人であっても内容を見ることができないほど厳重に管理されます。

 

(中略)金融機関が前科を調べることもありませんので、クレジットカードの作成や借入れができなくなるということもありません。

 

そもそも金融機関がカンタンに個人の前科の有無を調べることができたら、それって大問題ですよね...。

 

罪を償って再起しようとする人にとって、審査が不利にならないのはありがたいですね。

 

勾留中や服役中に支払いが滞るとブラックリストとして登録される

 

クレジットカードの審査に「前科の有無」は影響しないことがわかりました。

 

しかし、逮捕されて拘留中や服役中にカードやローンの支払いが滞っている場合は気をつけてください。

 

3ヶ月以上の延滞や債務整理、自己破産になってしまうとCICの「26.返済状況」に『異動』と書かれて金融事故(=ブラックリスト)になってしまいます。

 

f:id:oshaberiitboy:20180914005931j:plain

 

ブラックリストになっている間のペナルティとして、クレジットカードやローンの審査はまず通りません(コチラの記事も参照)。

 

別にカードやローンを使わなきゃ良いんでしょ?

スマホの分割払いもローンになるから、通らなかったら一括で買わなきゃダメだよ。しんどいよ

 

CICにブラックリストとして登録される期間を表にしました。

 

 CIC登録  期間

3ヶ月以上の延滞 

延滞している間ずっと

3ヶ月以上の延滞を完済 5年
債務整理

5〜7年

自己破産 5〜10年

 

私も延滞でブラックリストになりましたが、5年もローンやカードの契約ができないのはかなりキツイですね。

 

前科がある人がカードの審査に落ちるのは、前科ではなく「長く延滞してブラックリストだから」という可能性のほうが高いです。

 

  • 可能性はほぼ無い:前科があるからクレジットカードに落ちた
  • 可能性が高い:前科以外の理由でクレジットカードに落ちた

 

どうしてもカードの審査に通らない...という人は、自分のCICに異動情報がないか、CICの開示チェックをすることをオススメします。

 

開示はどこでできるの?

全国のCIC窓口、郵送、ネットからできるよ!

 

ブラックリストでも作れるクレジットカードやローンはある

 

...上では「ブラックリストになるとカードやローンの審査に通りにくくなる」と書きました。

 

どんな理由があろうと、ブラックリストは「借りたお金を返してない人」という扱いです。カード会社は「支払いの延滞をすごく恐れている」ので、ブラックの人が避けられるのも仕方ありません。

 

しかし、ごく一部ではありますが、ブラックリストでも作りやすいクレジットカードやローンは存在するんです。

 

ホントにそんなのがあるの!?

100%通るわけじゃないけど、ブラックリストでも作りやすいのはホントだよ!

 

下に3つリンクを載せておくので、興味のある人はそれぞれの記事をご覧ください。

 

 

それぞれ、実際に私もブラックリストの状態で申し込み、そして手に入れることができました。

 

延滞金を払えばブラックリストはいずれ消えます。もし本当にほしいクレジットカードがあるなら、上のカードやローンをそのつなぎとして使うと良いでしょう。

 

ブラックリストから解放されて、はじめて欲しいカードを申し込めばいいんです。

 

どうせブラックリストで申し込んでも、ほとんどのカードは落ちるからね。ガマンも大事だね

 

おわりに

 

以上、クレジットカードの審査に前科や犯罪歴は影響しません!...という記事でした。

 

過去に前科があるけど、クレジットカードを申し込みたい人は、堂々と申し込んでください。

 

ただし前科のありなしではなく、収入や過去の返済歴も含めて審査はされます。必ず受かるクレジットカードなんて存在しないので注意してください。

 

本日は、以上です!