ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

トライアル(TRIAL)では現金払いだけ?クレジットカード、電子マネーが使えるか解説!

f:id:oshaberiitboy:20181112153747j:plain

 

「近くにトライアルができたから行ってみたいけど、クレジットカード使えるのかな...」

 

...今回はトライアル(TRIAL)でクレジットカード、電子マネーが使えるか?について書いていきます。

 

トライアルは株式会社トライアルカンパニーが運営するスーパーセンターの名称。福岡県を中心に九州・中国地方をメインエリアにしています。

 

 

なじみの無い人も多いと思いますが、「コストコのように食料品や日用品が安く買える大型スーパー」というイメージだと思ってください。24時間営業の店舗も多くて人気が高いおかげか、平日でも日中はわりと混み合います。

 

さて、このトライアルの支払いは現金だけなのでしょうか?安く食材が買えてカードのポイントも貯まったら嬉しいですよね!

 

近くにトライアルがあるよ...という人は、参考にしてください。

 

 

 

トライアル(TRIAL)ではクレジットカードが条件付きで使える! 

 

f:id:oshaberiitboy:20180706022237p:plain

 

まず結論から言うと、トライアルでは条件付きでクレジットカードの利用ができます!

 

もちろん現金払いも可能です。でもクレジットカードが使えるならできるだけたくさんポイントを貯めたいですよね。

 

食料品以外で3000円以上の購入が条件

 

カード利用の条件は「食料品以外の商品を、3000円以上購入すればサービスカウンターでカード払いができる」という内容。

 

お客様相談室に問い合わせたところ、食料品の他にも以下の2つも「カード払いの対象外」です。

 

  • たばこ
  • 地域指定以外のゴミ袋

 

つまり衣料品や家電などはサービスカウンターでカードで支払い、食品やたばこはレジで支払うということになります。

 

...まあ、ちょっと手順はめんどくさいですね。それでもカードが使えるだけマシでしょうけど。

 

利用できるクレジットカードのブランドはこちら。

 

 VISA  Mastercard
 JCB  アメリカン・エキスプレス
 DCカード  ...など

 

ダイナースやディスカバーなどのカードブランドが使えるかどうかは、店舗やお客様相談室へ確認してください。とはいえ、発行枚数の多い VISA や JCB などのブランドが使えるのは嬉しいですね。

 

トライアルでは電子マネーの支払いは不可

 

...残念ながらトライアルでは各種電子マネーは使えません。大きなスーパーだと店舗によっては使用可のところもありますが、トライアルは全店不可です。

 

そのほかの支払手段はこちら。

  

   利用可否
現金
クレジットカード
デビットカード
プリペイドカード
各種電子マネー
QRコード決済
ポイントサービス あり
※ ポイントカードは2018/11/01にプリペイドカードへ全面以降
ギフトカード / 商品券 △(ビール券のみ)

 

VISAなどの国際ブランドが付いていればデビットカードやプリペイドカードも使えますよ。

 

トライアル専用のプリペイドカードもある

 

トライアルには年会費、入会費が無料の専用プリペイドカードもあります。

 

 

以前まではポイントカードもありましたが、2018年11月1日にプリペイドへ全面移行しました。

 

ポイントカードを持ってる人はサービスカウンターで変更してね!もちろんポイントも引き継がれるよ!

 

プリペイドカードの使い方をまとめました。

 

   内容
チャージ金額 1,000円ごと
※ 1回で49,000円までチャージ可
最大チャージ金額 総額 100,000円まで
チャージ場所 レジ、サービスカウンター
ポイント付与率 支払い:0.5%
※ 税抜200円ごとに1ポイント
チャージ:0.5%
※ 1,000円チャージで5ポイント
ポイント利用 1ポイント=1円の電子マネー
※ 1ポイントごとに利用可
電子マネー有効期限 なし
ポイント有効期限 付与から2年間

 

貯まったポイントの利用には会員登録が必要です。登録はサービスカウンターや公式サイトからできます。

 

カード払い対応にするには手数料とコストがかかる

 

それにしても、キャッシュレスが国を挙げて進められているのにどうしてトライアルでは食料品はクレジットカードで支払えないのでしょうか?

 

食料品でカードが使えない理由ですが、クレジットカードや電子マネー払いをすると加盟店手数料(3%〜5%)がかかるからだと考えられます。

 

  • 加盟店手数料:カード払いのときに加盟店がカード会社に支払うお金

 

トライアルに限らず安さをウリにしている企業は「薄利多売」です。数%の手数料でも企業にとってはかなりの負担になってしまうのでしょう。

 

特に食料品は利益が少なくなりがちなので、トライアルでは日用品のみクレジットカードが使えるのだと推測されます。

 

f:id:oshaberiitboy:20181102003047j:plain

 

またクレジットカードや電子マネーに対応しようとなると、当然すべての店舗のレジを新しいもの入れ替えなければなりません。もちろんそのコストも膨大。

 

わざわざ費用をかけてレジをカード対応にしても、それに比例して売上が伸びるのかというと...かなり微妙です。

 

これは同じく低価格で勝負しているスーパー「万代」スーパー玉出サンディでも同じです。この2店もクレジットカードや電子マネーは使えません(詳しくはリンク先の記事も参照)。

 

トライアルでは上記のスーパーと同じくできるだけコストを削減して低価格化をしているので、食品がクレジットカードに対応するのはまだまだ先になりそうですね。

 

おわりに 

 

以上、トライアルではクレジットカードや専用プリペイドカードが使えるよ...という記事でした。

 

専用プリペイドカードなら「チャージ + 支払い」で還元率1%になるので下手なクレジットカードを使うよりはオトクにポイントが貯まりますね。

 

わざわざサービスカウンターまで行かなくてもレジで支払えますし。いっそのことトライアルでは専用プリペイドカードのみを使うのもアリでしょう。

 

本日は以上です!