クレジットカード デビットカード ブラックリスト 審査に通りやすい

デビットカードはブラックリストでも作れる!おすすめカードも紹介

投稿日:2018年6月19日 更新日:

f:id:oshaberiitboy:20180620062532j:plain

 

「デビットカードって最近CMでよく見るんだけど、いったいどんなカードなんだろ?」 

 

...今回はこういった疑問にお答えしていきます。

 

延滞や債務整理ブラックリストになるとクレジットカードを作ることはできませんが、デビットカードなら審査なしで持つことができます。最近ではCMも多く流れるようになって注目されてますよね。

 

審査なしで作れるというとなんだか怪しく感じますが、決してそんなことはありません。

 

そこでデビットカードというのはどういったカードなのか、そしてどんなデビットカードがおすすめなのか...ということを解説していきます。

 

※「ブラックリスト」ってそもそも何なの?という方は、ブラックリストの内容について解説した記事を先にお読み下さい。

 

 

 

デビットカードは使った瞬間に代金が引き落とされる

 

 

まずデビットカードがどういったものなのか簡単に説明すると、「支払いで使った瞬間に口座からお金が引き落とされる」という即時決済のカードです。

 

それぞれの金融機関の口座と紐付いたシステムになっていて、主にメガバンク、ネット銀行、地方銀行から発行されています。

 

デビットカードには「J-debit」とVISAやJCBが付帯する「ブランドデビット」の2種類ありますが、ここではシェア率が圧倒的なブランドデビットについて書いていきます。

 

似たような存在のクレジットカードでは「後払い」といって、カードを使ってから1ヶ月ぐらいで銀行口座から代金が支払われます。使ったその場でお金が引き落とされるのか、後から引き落とされるのかがデビットカードとクレジットカードの大きな違いです。

 

f:id:oshaberiitboy:20180723160155j:plain

 

つまりデビットカードの利用限度額=今口座に入っているお金、ということ。

 

「自分の手持ち分だけ支払う」ので現金での扱いとほぼ変わりません。クレジットカードと違ってお金を使いすぎることがないので、そこが人気になっています。

 

  • クレジットカード:引き落としは約1ヶ月かかるので使いすぎることがある
  • デビットカード:その場で引き落としなので使いすぎることはない

 

またデビットカードは現金と違って、無くなるごとにATMからお金を引き出す必要もありません。無駄な時間・ATM手数料を使わず節約できるのは大きいメリットですね。

 

キリン
給料日のATMとかめちゃくちゃ行列できてるから、お金を引き出さないだけでストレスは減るよね

 

デビットカードの使い方はクレジットカードと一緒

 

デビットカードはクレジットカードと同じく、コンビニやスーパー、飲食店などでつかうことができます。以下が主な支払いの手順になります。

 

  1. レジで「クレジット1回払いで」と伝える
  2. 店員さんにデビットカードを渡す
  3. サイン・もしくは暗証番号を入力(コンビニなどでは何もなし)
  4. 支払い完了して口座からお金が引き落とされる

 

たったこれだけでOK!クレジットカードと一緒ですね。

 

そしてVISAやJCBなどクレジットブランドが使えるお店であれば、同じブランドがデザインされているデビットカードが使えます。

 

ただし高速道路のETCやガソリンスタンド、格安スマホの支払いなどはデビットカードは対応してないことが多いので気をつけましょう。

 

「デビットカードなのに『クレジット』って伝えていいの?」...という人もいるかもしれませんが、お店の決済システム上はクレジットカードもデビットカードも一緒なので問題ありません。

 

キリン
「デビットカードで払います」だと店員さんが「え?デビットカードって何?」...って混乱するかもしれないからねー

 

デビットカードでETCカードは作れるの?どうしても欲しい人に向けて入手する方法も解説します

「デビットカードのオプションでETCカードは作れるのかな?」   ...今回はデビットカードでETCカードを作ることはできるのか?という疑問について答えていきます。   たとえばブラックリストでクレジ ...

続きを見る

 

ネット通販でもデビットカードは使える

 

f:id:oshaberiitboy:20180714170521j:plain

 

デビットカードはスーパーやコンビニだけでなく、Amazonや楽天などのネット通販でも支払いができます。

 

こちらもクレジットカードと同じようにサイトにカード情報を登録して、買い物ごとに決済をすればOKです。多くのネットショップはコンビニでの現金払いにも対応してますが、そもそもコンビニに行くのもめんどうですからね。

 

  • クレジットカード:ネット決済ができる
  • デビットカード:ネット決済ができる
  • 現金:ネット決済ができないのでコンビニ払い

 

デビットカードがあればクレジットカードと同じ手順で支払いができるから、わざわざコンビニに行かなくていいんです。

 

デビットカードはブラックリストでも審査なしで作れる

 

最初にも書いたように、クレジットカードと違ってデビットカードはブラックでも申し込みの審査がありません(一部例外あり)。銀行口座を作れる年齢(基本は15歳)以上であれば誰でも作ることができます。

 

f:id:oshaberiitboy:20180815041829j:plain

 

後払いのクレジットカードでは延滞のリスクを防ぐために、カード会社では信用情報などをチェックして発行していいかを判断します。

 

信用情報とは...?

個人の「氏名、生年月日、性別、住所、電話番号」などの基本情報、そして「現在の借り入れ額、過去の返済履歴」といったデータを含めた情報のこと。クレジットカードなどを契約したときに申し込みの内容と履歴がCIC、JICC、KSCといった『信用情報機関』で保管、更新されます。

主に新規でクレジットカードやローンを審査するときに「この人と契約しても問題ないか」とカード会社やローン会社が判断するために使われます。

 

しかしくり返すようにデビットカードでは自分の手持ち分だけしか支払いに使うことができません。だから銀行としても延滞のリスクがないので、審査なしで発行することができるんですね。

 

キリン
もしデビットカードで払うときに口座が残高不足でも、ただ支払いができなくなるだけで延滞扱いにはならないよ

 

口座開設のためには所定の審査がある

 

デビットカードは審査なしで作れると書きましたが、その前段階となる銀行口座の解説では条件を満たしてないと作ることができません。

 

銀行ごとに条件は異なりますが、口座が作れない主な理由としては以下のとおりです。

 

  • 本人確認書類と申込み内容が違う
  • 住所がない
  • すでにその銀行の他の支店で口座を持っている
  • その地域に住んでない銀行に申し込んだ(地方銀行で顕著)
  • その銀行のカードローンを延滞してブラックになっている...など

 

クレジットカードほど厳しい審査は行われませんが、このように所定の条件を満たしていないと審査落ちしてしまいます。

 

ただ、過去にクレジットカードやカードローンを延滞していても銀行はそれをチェックできないので、ブラックの人でも口座を解説することはできます。

 

ブラックリストでも口座開設はできる?銀行のキャッシュカードは持てるのか解説

  「ブラックリストになっちゃったけど、銀行で新しく口座開設ってできるのかな?」   ...今回はこういった疑問にお答えしていきます。   クレジットカードや消費者金融を ...

続きを見る

 

おすすめデビットカードはJNB・楽天・ANAマイレージクラブ

 

「デビットカードが便利なのは分かったけど、じゃあどのカードをを作ればいいの?」...という人のために管理人おすすめのデビットカードを3枚紹介します。

 

3枚ともそれぞれ違った個性があるので、自分に1番あってるカードを選んでみてください。

 

ジャパンネット銀行Visaデビット

 

私が保有しているファミマTカード付きデザインのカード

 

最初に紹介するのは、ジャパンネット銀行(JNB)が発行する『ジャパンネット銀行Visaデビット』です。

 

【公式サイト】http://www.japannetbank.co.jp

 

ジャパンネット銀行Visaデビットの特徴をまとめました。

 

年会費 無料
付帯ブランド VISA
ポイントサービス キャッシュバック
還元率 0.2%〜
特筆サービス 月額料金の支払いに対応
デザインが2種類選べる

 

デビットカードって年会費が1,000円ぐらいかかるものが多いですが、JNBデビットずっと無料なのでお得。通常キャッシュバック率が0.2%と低いものの、どんな場面でも扱いやすい1枚です。

 

専用のキャッシュバックモールを使えば、利用額の1%をキャッシュバックできます。還元率が大幅に増えるのでおすすめです。

 

カードのデザインは2種類あって、「通常カード(青デザイン)」と「ファミマTカード付き(黄緑デザイン)」のうち好きな方を選べます。

 

Tカード付きの方がポイント貯められるしお得そう...という感じがしますが、「いろんなお店の支払いで使う」なら通常カードを持つことを強くオススメします。

 

私自身がファミマTカード付きデザインを持っているのですが、Tカードに対応してないお店だと「こちらではTカードは使えません」と1度断られる確率が高いです

 

要は店員さんが普通のTカードのポイントカードと勘違いするんですね。たまにしかこのカードを使わないなら気にしないかも知れませんが、よく利用するならいちいち訂正しなきゃいけないのでストレスが貯まります。

 

キリン
もちろんファミマをよく使うなら、このデザインを選ぶのをおすすめします!

 

楽天銀行デビットカード(JCB)

 

 

デビットカードの中でもバツグンのポイント還元率を誇るのが、『楽天銀行デビットカード(JCB)』ですこちらの記事も参照)。楽天銀行の口座と紐付いています。

 

【公式サイト】https://www.rakuten-bank.co.jp/card/debit/

 

年会費 無料
付帯ブランド VISA、JCB
ポイントサービス 楽天スーパーポイント
還元率 1%〜
特筆サービス ポイント還元率は楽天カードと同じ

 

なんと言っても、「どこでも100円で1ポイント貯まる」サービスは驚異的。

 

デビットカードってはなかなかポイントが貯まるものが少ない中で、クレジットカードと遜色ないこの還元率はなかなかのものです。

 

  • 普通のデビットカード:ポイントは全然貯まらない
  • 楽天銀行デビットカード:クレジットカード並みにポイントが貯まる

 

ブラックリストでクレジットカードは持てないけどポイントはしっかり貯めたい!...という人には、イチオシのデビットカードですね。

 

ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード

 

最後に紹介するのは静岡県拠点のスルガ銀行の、『ANAマイレージクラブ Financial Pass Visaデビットカード』です。

 

【公式サイト】https://www.surugabank.co.jp/ana/about/visa_debit.html

 

年会費 無料
付帯ブランド VISA
ポイントサービス なし
※ 利用条件ごとにマイルプレゼント
還元率 -
特筆サービス 海外旅行傷害保険が自動付帯
入会審査あり

 

JNB、楽天とは違ってこちらは旅行に特化したデビットカードです。ANAマイレージクラブのサービスがついていて、年間利用額や給与振込の設定でどんどんマイルが貯まっています。

 

他のデビットカードのようにポイントが貯まるわけではありませんが、飛行機によく乗る人にとっては嬉しい特典ですね。

 

また、デビットカードですがなぜか発行の時に審査があります。誰でも作れる訳ではないので注意しましょう。

 

ただ私もブラックリストの頃にこのカードが作れたので、そこまで厳密な審査ではないかと思います

 

そしてこのカードの最大の特徴は、「旅行の保険が付帯」していること。

 

  • 海外旅行:自動付帯
  • 国内旅行:利用付帯(旅行代金をデビット払いで付帯)

 

デビットカードどころか、クレジットカードでも年会費無料で旅行保険が付帯しているカードはなかなかありません。

 

私はブラックリストでも作りやすい「ANAアメックスカード」を持ってますけど、海外旅行の保険は利用付帯です。そう考えると、どれほど当カードの自動付帯がすばらしいかがよく分かります。

 

保険の最高額は「傷害:死亡後遺傷害1,000万円」とちょっと控えめ。でも年会費が一切かからないことを考えると、特に海外旅行での自動付帯はコストパフォーマンスは高いと言えますね。

 

おわりに:クレジットカードとデビットカードは一長一短

 

以上、デビットカードに関する基本情報とおすすめのカードを紹介しました。

 

まとめると、クレジットカードよりもちょっとポイント還元率は低いですが、その代わりお金を使いすぎることがないので一長一短というところでしょうか。

 

ブラックリストの人や、クレジットはどうしてもイヤ!...という人でもデビットカードは使いやすいので、もしよければ作ってみてくださいね。 

 

 

 

 

-クレジットカード, デビットカード, ブラックリスト, 審査に通りやすい

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.