ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

無職でも作れるクレジットカードはある?仕事をしてなくても審査に通るのか解説します

f:id:oshaberiitboy:20190301192650j:plain

 

「無職なんだけどクレジットカード作りたいなあ...。審査があるらしいけど、通るのかな?」

 

...今回はこういった疑問にお答えしていきます。

 

仕事をしていない無職の人でもクレジットカードを使いたいこともあると思います。では無職でも作れるクレジットカードは存在するのでしょうか?

 

なお、後からも説明しますが、この記事における「無職」はニートや求職者を指します。年金受給者、フリーター、専業主婦(主婦)、学生などは含みません。

 

クレジットカードには必ず審査がありますが、無職でも通るのか調べてみました。

 

 

 

無職でも作れるクレジットカードは存在しない

 

f:id:oshaberiitboy:20190221031609p:plain

 

まず結論から言うと、無職でも作れるクレジットカードは基本的には存在しません。

 

上でも書いたようにクレジットカードを作るときには、どんなカードでも審査が行われます。カード会社は「支払いの延滞」を嫌うので、申し込みした人に継続した収入があるかをチェックするんですね。

 

たとえば預貯金や資産がたくさんある無職と、資産なしの正社員をくらべるとカード会社に信用されるのは後者です。いくら手元にお金があるかではなく、これからどのくらいお金が入ってくるかが重視されます。

 

  • 資産がたくさんある無職:カード会社の信用は低い
  • 資産がない正社員:安定した収入があるのでカード会社の信用は高い

 

つまり無職は「継続した収入がない」ので審査はかなり不利になります。

 

とはいえ矛盾するようですが、最終的にはカード会社が判断するので無職でも状況によってはクレジットカードを持つことも可能です。

 

絶対に落ちるとは限らないけど、基本的に審査はかなりきびしいってことだね

 

無職でも申し込めることとクレジットカードの審査に通ることは別

 

カード会社によっては、職業の項目に「無職の方」あるいはそれに近いニュアンスの選択肢があるかも知れません。

 

たとえば楽天カードなら勤務先情報で『その他』を選ぶことで、無職であっても申し込むことはできます。

 

f:id:oshaberiitboy:20190301163445p:plain

前ページで「お勤めされていない方」を選ぶと「その他」が出てくる。(引用元:楽天カードの申し込み画面より)

 

そういったクレジットカードであれば無職でも申し込むことはできますが、それと審査が通るかは話はまったく別です。

 

  • 間違い:無職でも申し込めるカードは無職にも審査が甘い
  • 正解:無職でも申し込めることと審査の難しさはまったく別

 

これは私の推測ですが、無職でも例外で審査が通る人はいるので、カード会社はそういった人向けに選択肢を用意しているのではないかと思われます。

 

まあ、カード会社も営利企業なので、クレジットカードを使ってくれる人はちょっとでもたくさんいた方がいいですからね。

 

「このカードは無職でも申し込めるんだから、審査も受かるだろう」...と早とちりしないようにしましょう。

 

誰でも作れるクレジットカードは存在しない

 

延滞のリスクがある以上、誰でも作れるクレジットカードなんて存在しないんです。

 

もしも無職でも誰でも審査なしで作れるクレジットカードがあるなら、延滞が多すぎてあっという間にカード会社の経営がショートしてしまうでしょう。こちらの記事でも詳しく解説しています。

 

 

年金暮らし、フリーター、専業主婦は無職よりカードは作りやすい:

 

無職といえば「仕事をしていない人」を指しますが、年金で暮らしている人やフリーター、専業主婦(主夫)や学生も無職に含まれることがあります。

 

しかしこういった人たちは安定した収入源があるので、少なくともニートや求職者とくらべるとクレジットカードの審査には通りやすいです。

 

  • 無職:安定した収入がないので審査に通りにくい
  • 年金受給者:年金を安定して貰っているので無職よりは審査に通りやすい
  • フリーター:無職にくらべて収入が安定しているので審査に通りやすい
  • 専業主婦:配偶者に収入があるなら審査に通りやすい
  • 学生:親権者に収入があるなら審査に通りやすい

 

たとえば年会費が高いアメックスでも、無職は申し込みできませんが主婦であれば審査に通る可能性はあります。

 

正社員で仕事をしていなくても上で書いた属性の人たちは、そこまでクレジットカードを作ることにネガティブにならなくてもいいでしょう。

 

 

無職がクレジットカードを作るためにした方がいいこと

 

では、一部をのぞいて無職がクレジットカードを持つことがむずかしいのであれば、どうすればいいのでしょうか?3つの対策をまとました。

 

  1. 就職する
  2. 家族カードで作る
  3. 審査なしのデビットカードを作る

 

それぞれザッと解説していきますね。

 

就職してからクレジットカードを申し込む

 

f:id:oshaberiitboy:20190301045700j:plain

 

ベストな解決方法として、就職してからクレジットカードを作ることがおすすめです。

 

もちろん就職してもカードの審査に通るかはわかりません。しかし収入がない状態よりもカード会社の心証はよくなるでしょう。

 

別に就職といっても、正社員にこだわらなくてOK。派遣社員、契約社員、パート、アルバイトなどでも大丈夫です。

 

雇用形態ごとのクレジットカードの通りやすさはだいたいこんな感じ。

 

 雇用形態  カードの難易度
会社員・役員
公務員
契約社員
派遣社員
アルバイト・パート
個人事業主
専業主婦(主婦)
年金受給者
学生(高校生を除く)
無職
家事手伝い
ブラックリスト ✕(一部例外あり

 

もちろんクレジットカードごとに細かく変わるものの、無職や家事手伝いのように収入がなかったり、あるいはブラックリストのように過去に延滞経験がなければそこまで作るのは難しくありません。

 

くり返しますが、無職にもいろいろな状態があります。ただ、もし自分名義のクレジットカードを手に入れたければ早めに就職することをこころがけましょう。

 

家族カードを作る

 

家族と暮らしている人は、家族カードを作ることも1つの方法です。

 

  • 家族カード:カード本会員の家族(親、配偶者、子どもなど)に発行できるカードのこと

 

家族カードはカード本会員の情報をもとに審査をするため、たとえ家族が無職であっても発行できるのがメリット。ただし本カードの審査より甘いものの、必ず通るわけではないので気をつけましょう。

 

引き落としはカード本会員の口座ですが、それ以外は普通のクレジットカードと同じように利用ができます。家族に頼める人はチャレンジしてみてください。

 

まあ配偶者と暮らしてるなら「専業主婦(主夫)」で本カード申し込んだほうがいいかもね

 

審査なしのデビットカードを作る

 

f:id:oshaberiitboy:20190117193413j:plain

人気のデビットカードの『楽天銀行デビットカード』 

 

クレジットカードではありませんが、デビットカードは審査がないので無職でも作ることができます。

 

  • デビットカード:即時払いでショッピング利用ができるカード

 

クレジットカードと違って利用限度額は口座に入っているお金だけなので使いすぎることもありません。

 

f:id:oshaberiitboy:20190227103808j:plain

 

デビットカードごとに銀行口座が決まっていたり、格安スマホが払えないなどのちょっとした制約がありますが、基本的な使い方はクレジットカードとほぼ同じ。コンビニなどの実店舗や、Amazonのようなネットショップでも利用可能です。

 

ちなみに上の写真の「楽天銀行デビットカード」は16歳から作れる人気のデビットカードです。ポイント還元率1%は通常の楽天カードと同じで、とにかく楽天ポイントをためやすいことがメリット。

 

楽天銀行の口座が必要ですが「どのデビットカードがいいかわからない」...という人にはおすすめの1枚です。下の記事でも詳しく書いています。

 

www.blacklist-kirin.com

 

おわりに:無職でも作れるクレジットカードを探すのは諦めたほうが無難

 

以上、無職でも作れるクレジットカードはまず存在しないよ...という記事でした。

 

どのクレジットカードも無職では審査のハードルが高いです。無職で安定して作れるカードは存在しない...といってもいいほど。

 

探すのは諦めて就職してからカードを申し込むのが無難でしょう。

 

それから無職なのに「正社員で働いている」などの虚偽の申し込みをしても、在籍確認でカード会社にばれてしまいます。

 

もちろん審査落ちになるので、絶対にそんなことはしないようにしてくださいね。