ブラックリストのキリンです

延滞、自己破産、債務整理でブラックになった人を応援するブログ

 メニュー

他人がブラックリストかどうか調べる方法はある?家族や恋人が怪しい人は必見です。

f:id:oshaberiitboy:20181013121309j:plain

 

「彼氏がすごく借金してるけど、ブラックリストになってるんじゃないの?」

 

...今回は、他人がブラックリストになっているか調べる方法について書いていきます。

 

自分の家族や恋人がお金にだらしがなくて、「もしかしてブラックかも...?」と思ってる人いるでしょう。

 

ブラックリストになると最低でも5年間はクレジットカードやローンは審査に通りません。かなりきついペナルティですね(コチラの記事も参照)。

 

身近な人がブラックだと持ち家が買えなかったりして、自分にも影響があるかもしれませんね。

 

では、他人がブラックリストかどうか調べる方法はあるのでしょうか?

 

 

 

他人のブラックリストの情報を勝手に調べることはできない

 

f:id:oshaberiitboy:20180510034708p:plain

 

...残念ながら、他人がブラックリストかどうかを勝手に調べることはできません。

 

ブラックリストを調べるには信用情報機関(CIC)の開示が必要です。

 

CICとは、私たちの個人情報やクレジットカードの利用履歴を管理している組織のこと。私たちがカードやローンを申し込むと、名前、住所、勤務先などの情報はCICに登録されます。

 

そして支払いを延滞したり債務整理など金融事故のトラブルになると、その事故情報のデータもCICに残ってしまうんです。

 

  • CIC:カードの利用歴や金融事故のデータを管理している

 

そしてこのCICのデータ、お伝えしているように開示ができます。以下は、実際の私のデータです。

 

f:id:oshaberiitboy:20181013100659j:plain

 

赤丸が「返済状況」です。請求額や残債などがこの項目に記載されます。

 

3ヶ月以上の延滞をするとここに『異動』と書かれてブラックリスト入りです。私は1年以上も延滞をしたので、しっかりと異動になっていますね...。

 

青丸が「入金状況」です。書かれているアルファベットは以下を意味します。

 

  • P:請求日までに入金があった
  • A:請求日までに入金がなかった=延滞

 

上の画像では一部しか表示していませんが、私は長期で支払いをしてなかったので、AAAAAAA....という感じでいくつも連なっていました。

 

このCICのデータは厳重に管理されているので申し込んだ本人の情報しか開示できません。開示の方法はいくつかありますが、どれも本人だと証明できるものが必要です(CIC公式サイトも参照)。

 

 方法 必要なもの
インターネット開示 契約で登録した電話番号
本人名義のクレジットカード(家族カード不可)
郵送開示 開示申込書
本人確認書類など必要書類
窓口開示 本人確認書類など必要書類

 

このように本人名義のクレジットカードや、免許証などの本人確認書類がないと開示ができないシステムになっています。

 

  • 本人:開示ができる
  • 配偶者:開示できない
  • 親:開示できない
  • 兄弟:開示できない
  • 親戚:開示できない
  • 恋人:開示できない
  • 友人:開示できない

 

恋人はもちろん肉親でも「他人」とみなされます。「彼氏(旦那)が借金ばかりしてるから、こっそりブラックかどうか調べてみよう」...ということは不可能。

 

悪用されたらまずいから、本人しか開示できないのは当然といえば当然かな

 

他人がブラックリストかどうか推測する方法まとめ:

 

f:id:oshaberiitboy:20180509235153j:plain

 

家族や恋人など、身近な人でもブラックリストかどうかは調べられないことがわかりました。

 

でも、どうしてもブラックか確かめたい!...という人もいるはず。そこで、100%確実ではありませんが、他人がブラックリストか分かる方法をまとめてみました。

 

1. 当人にCICを開示して見せてもらう

 

ベストの方法は、その人自身にCICを開示してもらって、それを見ることでしょう。

 

CICの「26.返済状況」に『異動』と書かれていればブラックリストで、書かれてなければブラックではありません。

 

ただしCICのデータはかなりプライベートな情報なので、いくら親しくても見せるのはイヤな人もいます。その場合は、以下の方法でも推測ができますよ。

 

2. 督促状が何通も届いてるかチェックする

 

家族や同棲しているカップルなら、こまめに郵便受けをチェックしてみましょう。クレジットカードやキャッシングを延滞してる人には、督促状が届きます。

 

  • 督促状が来ない:しっかりと支払いができている
  • よく督促状が届く:支払いが滞っている

 

「督促状」「至急開封」と書かれた封筒は要注意です。カード会社は、しっかりと支払いができてる人にはそんなものはまず送りません。

 

同じ会社から何通も届いていたら、長く延滞しているのでブラックリストになっている可能性がかなり高そうです。

 

3. カード会社から何度も電話がかかってないか確認する

 

郵便以外でも、家族や恋人が何度もカード会社と電話でやり取りをしていたら気をつけましょう。

 

督促状と同じで、延滞をくり返す人にはカード会社は督促の電話をかけ続けます。

 

数ヶ月に渡って同じようなやり取りを電話でしていたら、ブラックリストを疑ってもよさそうです。

 

私も延滞してたときは2〜3日おきぐらいに電話があったなあ

 

おわりに:ブラックリストは自分にも影響があるのでしっかり話し合おう

 

f:id:oshaberiitboy:20181013114227j:plain

 

以上、他人がブラックリストか勝手には調べられないけど、推測する方法はあるよ!...という記事でした。

 

いくら大切な人でも、他人は他人。勝手にその人の個人情報を調べることなんてできません。でも、もしブラックリストならカードもローンも通らないので、自分にも少なからず影響はあります。

 

まあ、ローンに関してはブラックだとまずムリですが、クレジットカードなら一部作りやすいものがあるので、まだマシですけどね。

 

関連記事:滞納・債務整理のブラックリストにも審査が甘いクレジットカード3枚

 

家族やパートナーがブラックかも...という人は、この記事を参考にしてしっかりとお互い話し合ってもらえれば幸いです。

 

本日は、以上です!