未分類

任意整理から5年〜7年間はクレジットカードは作れない?ブラックリストが消えるまでの対策もまとめました

投稿日:

 

「任意整理から7年ぐらいはクレジットカード作れないって聞いたけど、それって本当なのかな?」

 

今回はこういった疑問にお答えしていきます。

 

任意整理をしてしまうと、しばらくはクレジットカードが作れなくなる...というウワサをよく聞きます。この「しばらく」という期間、人によっては5年、7年、10年とかなりバラバラです。

 

この中で1番よく言われているのが7年間カードが作れないということ。では、本当にこの間は審査が通らなくなるのでしょうか?

 

 

任意整理は完済から最低5年間はクレジットカードは作れない

 

まず結論から言うと、任意整理をすると基本的には借金をすべて返してから最低でも5年間はブラックリストになるのでクレジットカードが作れません。

 

任意整理のような「金融事故」を起こした状態は『ブラックリスト』と呼ばれ、審査がきびしくなります

 

ウワサで流れる任意整理から7年ぐらいは審査に通らない...というのは任意整理で減額された借金を返済する期間も含んでいるからでしょう。借金返済で有名な『アディーレ法律事務所』では、分割でお金を返す期間は3年が一般的だと書かれています。

 

任意整理での分割返済の期間は原則的に3年間(36回)が目安ですが,場合によっては5年間(60回)まで可能です。

引用元:https://www.adire.jp/ninni/faq/settle/term.html

 

つまり任意整理が適用になって3年ぐらいかけて完済して、そこから更に5年間クレジットカードに通らないので、「5〜7年はブラックリスト」というちょっとアバウトな表現が広まってしまったのだと思われます。

 

自己破産の場合は最長で10年間もクレジットカードが作れないことがあります

 

任意整理ではなく延滞をしたらブラックリストになる

 

なぜ任意整理の完済から5年もクレジットカードが作れないかと言うと、金融事故(=ブラックリスト)の情報が信用情報機関に登録されてしまうからです。

 

信用情報機関とは?...

私たちの信用情報(名前、住所、勤務先、ローン・クレジットカードの返済履歴など)を管理する組織のこと。日本ではCIC、JICC、KSCの3社が存在します。

 

クレジットカードを新規で作るとき、カード会社は申し込んだ人の信用情報をチェックすることができます。つまりブラックリストだということがわかってしまうので、審査にはかなり通りづらくなるんです。

 

...ただし重要なのは、ブラックリストは任意整理が原因ではなく、それ以前から借金を延滞していることで登録されていることがほとんど。あとから説明しますが任意整理が事故情報としてデータに残る情報機関はJICCだけです。

 

 

たとえ任意整理をしていなくても、しばらく延滞をしてしまうとブラックリストが確定してしまいます。この延滞金を完済してから5年間はクレジットカードが作れない...ということなので、実は任意整理をしてるかどうかはそこまで関係ないんですね。

 

キリン
任意整理をする人は高確率でお金に困っているから、延滞で前からブラックになってることがほとんどなんだよね...

 

CICに延滞情報が残っているとクレジットカードは作れない

 

信用情報機関の3社が任意整理のデータを登録するかを表にしてみました。さっきもお伝えしましたが、しっかりと登録されるのはJICCのみ。

 

 信用情報機関任意整理の記録延滞の記録
CIC残らない完済から5年間残る
JICC適用された日から5年間残る完済から1年間残る
KSC残らない完済から5年間残る

※ JICCの任意整理の記録は返済中でも5年経てば消える

 

他の2社は任意整理より前に延滞をしていた場合のみ情報が残ります。しかし上でも書いたように、延滞によるブラックリストの情報が消えるまではクレジットカードの審査にはまず通りません。

 

じゃあJICCの延滞情報なら1年で消えるから、JICCの情報だけチェックするカード会社に申し込めばいい...という人もいるでしょうが、残念ながら日本のカード会社はすべてCICに加盟しています。

 

  • CIC加盟会員:主にカード会社、消費者金融、信販会社
  • JICC:主に消費者金融
  • KSC:主に銀行

 

いまのところ、CICの情報をチェックしないクレジットカードの会社はありません。保有されているブラックリストの情報が5年後に消えるのを待ちましょう。

 

加盟会員が多いCICの信用情報は、ネットや窓口で開示をして自分で見ることができます。開示内容に『異動』と書かれていればブラックリストは確定ですが、詳しくは下の記事も参考にしてください。

 

CICの窓口開示をする場所と方法は?東京、札幌、仙台、大阪、名古屋、岡山、福岡の7つの支店で調べられます

  「CICの開示を窓口でしたいけど、どこに行けばいいんだろう?」   ...今回はCICの窓口開示ができる場所とその方法について書いていきます。   CICは信用情報機関の1つで、個人情報やクレジッ ...

続きを見る

 

延滞せずに任意整理した人はJICCの情報が消えれば作れるかも?

 

男性
長期延滞はしてないけど任意整理をした人って、ブラックリストになるの?

 

コツコツと延滞せずに借金を返していたものの、どうしようもなくなって任意整理をした人の場合、JICCの情報さえ消えればクレジットカードを作ることができます(もちろん通るかはわかりませんが)。

 

ただしこちらの情報も登録から5年は保有される上、「CRIN」という3社独自のネットワークによってCICやKSCでも共有されているので、やはり消えるまでは審査に落ちる状態が続くでしょう。

 

任意整理の情報が消えるまでの対策まとめ

 

ここでは任意整理をしてしまったけどブラックの情報が消えるまでにクレジットカードが作りたい...という人への3つの対策をまとめていきます。

 

  1. 独自審査のライフカード(年会費あり)を作る
  2. デビットカードを作る
  3. 家族カードを作る

 

1. 独自審査の『ライフカード(年会費あり)』を作る

 

 

延滞の情報がが解けるまではクレジットカードの審査には通りづらいとお伝えしましたが、この『ライフカード(年会費あり)』は例外です。

 

100%作れるとはいいませんが、独自の基準で審査をするので過去に延滞があった人にもチャンスがある1枚となっています。

 

ライフカード(Ch)って呼び方のほうが有名かも!
キリン

 

\TRY NOW!/

※ ライフカード(年会費あり)の公式サイトへリンクします

 

審査に不安な人でもチャンスがあるクレジットカード

 

ライフカード(Ch)の公式サイトでは下記のような方でも独自基準で審査する旨が書かれています。普通のカード会社ならあっさり否決されてもおかしくありません。

 

  1. 過去に延滞がある方
  2. 初めてクレジットカードを作る方
  3. 審査に不安のある方

 

ざっくり言えば、審査に不安のある人でもこのライフカードなら持てる可能性があるということです。ただしくり返しますが、申し込んだら誰でも絶対に作れるわけではないのでそこは気をつけてください。

 

ちなみにカードデザインやポイント付与率などは通常のライフカードと変わりません。しかも年会費が発生することもあってか、海外旅行の保険も付いてきます(下記参照)。

 

 ライフカード(Ch)内容
年会費5000円
ブランドMastercard
ポイント還元率0.5%
※ 誕生日月は3倍
ETCカード無料
国内旅行傷害保険最高1000万円
海外旅行傷害保険最高2000万円
弁護士無料相談サービス

 

ポイントもそこそこ貯まるし、他のクレジットカードになかなか通らない...という人でも、ライフカード(Ch)を申し込んでみる価値は全然ありですね。ただ、延滞中の人はまず通らないので、先にお金を返してから作りましょう。

 

\TRY NOW!/

※ ライフカード(年会費あり)の公式サイトへリンクします

 

2. デビットカードを作る

 

ポイントが貯まりやすくて人気がある『楽天銀行デビットカード』

 

デビットカードは審査なしで作れるカードのこと。

 

後払いのクレジットカードと違って、口座に入っているお金が即時引き落としになるので使いすぎる心配がないんです。だから審査が必須のクレジットカードと違って、ブラックリストでも無審査で作れるんですね。

 

  • クレジットカード:支払能力以上にお金を使うリスクがある
  • デビットカード:口座に入っているお金以上に使いすぎるリスクはない

 

ただ審査がないとはいえ銀行口座とセットで申し込むので、15歳(一部カードは16歳から)からしか申し込めないのでそこだけ注意してください。...まあ、だいたいの人は問題ないと思いますけど。

 

VISAやJCBなどのブランドが付いているのでクレジットカードが使えるほとんどのお店、サービスならデビットカードも利用OKです。

 

今はデビットカードもいろいろな種類がありますが、個人的におすすめなのは楽天銀行が発行している『楽天銀行デビットカード』。多くのデビットカードはポイント還元率が低いのですが、この楽天銀行デビットカードはクレジットカード並に貯まります。

 

メモ

  • 通常のデビットカード:還元率0.2〜0.5%
  • 楽天銀行デビットカード:還元率1%

 

クレジットカードが作れなくてもこのデビットカードがあれば買いものに困ることはほとんどないでしょう。くわしくはこちらの記事も参考にしてください。

 

楽天銀行デビットカードの内容や申し込み方法を徹底解説!審査なしで作れてポイント還元率もいいんです

  「楽天銀行デビットカードってどんなカードなんだろう?」   ...今回は楽天銀行デビットカードの内容について書いていきます。   デビットカードはいろいろな銀行が発行しています。私が楽天銀行をメイ ...

続きを見る

 

3. 家族カードを申し込む

 

 

「どの審査にも通らないけど、クレジットカードがほしい」...という人は家族カードを申し込むのも1つの方法です。

 

家族カードとは?...

クレジットカードの本会員の家族が持つことができるカード。サービス内容は基本的に同じだが、引き落としは本会員の口座から支払われる。

 

家族カードを作るとき、その家族の名義で審査されることはありません。つまりブラックでも自己破産をしていても作れてしまうということ。

 

ただし家族カード作成では本カード会員の再審査が行われます。1度審査に通っているのでそこまできびしい内容ではありませんが、100%発行されるわけではないので注意しましょう。

 

利用明細は本カード会員の元に届きます。カードで何を買ったか細かくチェックできるのでトラブルにならないように気をつけてください。

 

そして重要なことですが、家族の協力がないと家族カードを作ることはできません。自己破産してカードが作れないことをちゃんと家族にも打ち明けて、今後は計画的に使っていくことを誠意を持って伝えてくださいね。

 

家族カードを使ってクレヒス作ることはできる?信用情報を積めるのか解説します

  「ブラックでクレジットが作れないから家族カードが欲しいんだけど、クレヒスって積めるのかな?」   ...今回はこういった疑問にお答えしていきます。   延滞でブラックリストになっていたり、審査に不 ...

続きを見る

 

おわりに

 

以上、任意整理するとクレジットカードが作れるまでどのくらいかかるのか?...という記事でした。

 

世の中には「任意整理をすると一生クレジットカードが作れなくなる!」...とオーバーにいう人もいますが、しっかりと返済していればそこまできびしくされることはありません。

 

また幸いにもデビットカードなどの代替手段はいくつかあるので、あまりネガティブにならずに工夫して生活していきましょう。

 

 

よく読まれる記事

1

  「ブラックリストだけどどうしてもクレジットカードがほしい!なんとか作れるカードってないの!?」   ...今回こういった疑問にお答えしていきます。   3ヶ月以上の延滞や債務整 ...

2

  「ライフカードにブラックリストでも作りやすいカードがあるって聞いたけど、本当かな?」   ...今回は、ブラックリストでも作りやすい『有料ライフカード(ライフカードCh)』を紹 ...

3

  「お金を借りたいけど過去に滞納してブラックリストになってるんだよな...。ブラックでも審査に通りやすいカードローンってあるのかな...?」   今回はこういった疑問にお答えして ...

4

  「高速道路をよく使うからETCカードが欲しい!でも、ブラックリストだけど作れるのかな?」   ...今回はこういった疑問にお答えしていきます。   ETCカードはクレ ...

5

  男性ブラックリストだけどクレジットカードが欲しい!必ず審査が通るカードってないの?   ...今回はこういった疑問に答えていきます。   クレジットカードを長期延滞し ...

-未分類

Copyright© ブラックリストのキリンです , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.